Rakuten infoseek

辞書

げな【ゲナ】

デジタル大辞泉

げな[助動]
[助動][〇|げに・げで|げな|げな|(げなれ)|〇]《接尾語「げ」に断定の助動詞「なり」の付いた「げなり」の音変化》活用語の終止形・連体形、形容詞の語幹に付く。
様態を推量する意を表す。…らしい。…(の)ようだ。
「これは早、隅田川の渡りにてありげに候」〈謡・隅田川
伝聞の意を表す。…だそうだ。…ということだ。
「今禿(かぶろ)では小伝といひますげな」〈伎・壬生大念仏〉
[補説]室町後期から用いられ、近世上方語ではもっぱら2用法に限られ、現在でも一部方言に行われている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げな
( 助動 ) ( ○ ・げに ・げな ・げな ・ (げなれ) ・○ )
〔接尾語「げ」に助動詞「なり」の付いた形からの転〕
活用語の連体形・終止形、形容詞の語幹などに付く。
人から伝え聞いたことを表す。…ということだ。…だそうだ。 「昔殿様がおったげな
そのような様子だと推測する意を表す。…ようだ。…らしい。 「イケノダイナゴンノヨウニコノヒトモフタゴコロアルゲナトアッテ/天草本平家 4」 「おてまへも近年は流行してだいぶ工面がよいげな/咄本・無事志有意」
そういう状態にあるということをやわらかに断定する。…であるようだ。 「タカイ山デアリゲナゾ/漢書抄 4」 〔中世後期以降の語。現在も中部以西の地方ではの意で用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げな
〘名〙
※名言通(1835)上「石蚕(ゲナ)、餌魚(ヱナ)なり、用て魚餌とするを云ふ、虫なれども、なの餌とするにより、すぐに、なと云ふ、俗語のさまなり」
② 魚「うみどじょう(海泥鰌)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げ‐な
〘助動〙 (活用は「◯・げに(げで)・げな・げな・(げなれ)・◯」 そのような様子、気配を表わす「げ」に断定の助動詞「なり」の変化した形が付いてできたもの。活用語終止形に付いて、推測または伝聞の意を表わす)
① そのような様子だ、という推測の意を表わす。…ようだ。…らしい。
※土井本周易抄(1477)四「此は我に剛強の処があるげなと心得て」
※両足院本毛詩抄(1535頃)一六「烏頭が毒ぢゃげなぞ」
② 他から伝え聞いたことを表わす。…だそうだ。…ということだ。
※虎明本狂言・鱸庖丁(室町末‐近世初)「うすひ所はあつふみゑひとつくるが、はうちゃうじんのうででおりやるげな」
[語誌](1)「げ」は、形容詞語幹、名詞などに付く接尾語に由来し、中世(室町時代)以後、終止形に付く助動詞化した用法が現われるようになったものである。はじめは①の様態の推量を表わす意味でのみ用いられたが、近世のはじめ頃には、次第に②の伝聞の意に転じるようになった。文章語として定着しないまま、江戸後期に発達した「そうな」に取って代わられ、衰退していった。
(2)活用は、室町時代頃からの形容動詞の活用にほぼ一致すると認められる。「げな」を終止の用法に用いる例が圧倒的に多く、終助詞に近い性格を持っている。連用形「げに」は「げにござる(ござります)」などの形でのみ用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

げなの関連情報

他サービスで検索

「げな」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.