Rakuten infoseek

辞書

【ケ】

デジタル大辞泉

け[五十音]
五十音図カ行の第4音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[e]とから成る音節。[ke]
平仮名「け」は「計」の草体から。片仮名「ケ」は「介」の省画から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け[終助]
[終助]《過去の助動詞「けり」の音変化》形容動詞の終止形、動詞の連用形に付く。なお、形容動詞に付くときは「だっけ」の形をとる。過去のことを詠嘆的に思い返したり、気づいたりする意を表す。→たっけだっけ
「今吉めは此の頃橘町へ来たと言っ―が、またよし町へこしたかな」〈洒・妓者呼子鳥〉
[補説]近世の江戸語から用いられた。打ち解けた話し言葉だけに用いられ、下に「ね」「か」などの終助詞を伴うこともある。「け」が動詞の連用形に付く形は、現代語ではほとんど見られない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図カ行第四段の仮名。軟口蓋破裂音の無声子音と前舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「け」は「計」の草体。片仮名「ケ」は「介」の終画を省いたもの。 〔 (1) 奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる。 (2) 片仮名の「ケ」を「箇」に代用することがある。「一ケ年(=一箇年)」「一ケ月(=一箇月)」など。また、連体修飾語を表す格助詞「が」に代用することもある。「霞ヶ関」「八ヶ岳」など。これらの「ケ」は「箇」の略体「个」から出たものである〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔過去の助動詞「き」の古い活用形の未然形〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 終助 )
〔助動詞「けり」からできたもの。文章語には用いられない〕
形容動詞の終止形、助動詞「だ・た」の終止形で終わる文末に促音を伴って接続する。
話し手の回想を表す。 「よく学校でいたずらをしたっ-」 「そんな話もあったっ-ねえ」 「よく歌を歌ったものだっ-」
質問文に付いて、相手に念を押す気持ちを添える。 「あなたはどなたでしたっ-」 「なんという名前だったっ-」 〔江戸語・東京語では「だっけ」「たっけ」の形しか用いられないが、関東方言では「見えっけ」「言っけ」などと用いることがある。方言の中で、「かい」「かえ」から転じた「け」という形があるが、これとは異なる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接頭 )
〔近世語〕
名詞や動詞・形容詞などに付いて、あなどりののしる気持ちを添える。 「 -才六」 「 -あなずる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第2行第4段の仮名。平仮名の「け」は「計」の草体から、片仮名の「ケ」は「介」の初めの3画からできたものである。万葉仮名には2類あって、甲類に「家」「計」「奚」「鷄」「祁」(以上音仮名)、「異」「來」(以上訓仮名)、乙類に「氣」「既」「居」「戒」(以上音仮名)、「毛」「消」「飼」(以上訓仮名)などが使われ、濁音仮名としては、甲類に「下」「牙」「雅」「夏」「霓」(以上音仮名のみ)、乙類に「氣」「宜」「礙」(以上音仮名)、「削」(訓仮名)などが使われた。(「氣」は清濁両用)。ほかに草仮名としては「(遣)」「(希)」「(氣)」「(稀)」などがある。
 音韻的には/ke/(濁音/ge/)で、奥舌面と軟口蓋(こうがい)との間で調音される無声破裂音[k](有声破裂音[g])を子音にもつ。上代では甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものとも考えられる。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘終助〙
[一] (助動詞「けり」の変化した語で、東国で用いられた語) 回想し、確認する意を表わす。親しい間柄の会話だけに用いられる。江戸では、江戸時代後期以後「たっけ」「だっけ」の限られた形で用いられた。→たっけだっけ
① 過去の事柄を思い起こしていう。
※随筆・独寝(1724頃)下「甲斐の国は珍しき辞(ことば)をつかふ所也。〈略〉成ほどそふで有たといふ事をと云なり。是は下へつけて用ふ。そうだっ・ほんだっ・うそで有たなどいうがごとし」
※土(1910)〈長塚節〉一二「只の水見てえな白粉も有んだって云(ゆ)ぞ」
② (思い返して)改めて従い、まれに質問する時にいう。「君は来年卒業するんだっけ」「なんだっけ」など。
[二] (「かえ」「かい」の変化した語) 疑問の終助詞。親しい間で用いる。上方では天保以後用いられ、現在も各地の方言として「け」「けえ」の形で残る。〔新編常陸国誌(1818‐30頃か)〕
※土(1910)〈長塚節〉一「おまんまは冷たかねえ
[語誌](一)は、助動詞「けり」の変化したものといわれる。「物類称呼‐五」に「助語 ことのはのをはりにつくことなり 京師にて『ナ』〈略〉武蔵にて『ケ』上総にて『サ』」とあり、武蔵国の特徴的な文末表現として意識されていたことが分かる。現在は東日本の諸方言に分布している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接頭〙 (「毛」の字を当てることが多い) 名詞用言の上に付いて、あなどり、ののしる気持を表わす。「け才六」「け侮る」「けいまいましい」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活用形容詞、および同型活用の助動詞「べし」「ごとし」の活用語尾。
未然形語尾。
※万葉(8C後)一五・三七四三「旅と言へば言(こと)にそ安きすくなくも妹に恋ひつつすべ無家(ケ)なくに」
※大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)八「胡(いか)んそ勝(あ)けて言ふ可けむや」
② 已然形語尾。
※万葉(8C後)一七・三九六九「あしひきの 山来隔(へな)りて 玉ほこの 道の遠家(ケ)ば 間使(まつかひ)も やる由も無み」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

過去の助動詞「き」の未然形。記紀の歌謡にだけみえる。
※古事記(712)下・歌謡「根白の 白腕(しろただむき)(ま)かず祁(ケ)ばこそ 知らずとも言はめ」
[補注]動詞「く(来)」の活用形とする説がある。また、推量の助動詞「けむ」は、この「け」と推量の助動詞「む」との接合したものと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

けの関連情報

他サービスで検索

「け」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.