Rakuten infoseek

辞書

けむ【ケム】

デジタル大辞泉

けむ[助動]
[助動][(けま)|○|けむ(けん)|けむ(けん)|けめ|○]《過去の助動詞「き」の未然形の古形「け」+推量の助動詞「む」から》活用語の連用形に付く。
過去の事実についての推量を表す。…ただろう。…だったろう。
「この国に跡を垂るべき宿世こそありけめ」〈更級
過去に起こった事実の原因や理由について推量する意を表す。…たのだろう。…だったのだろう。
「時々の花は咲けども何すれそ母とふ花の咲き出来(でこ)ずけむ」〈・四三二三〉
「み園生(そのふ)の百木(ももき)の梅の散る花し天に飛び上がり雪と降りけむ」〈・三九〇六〉
多く下に体言を伴って、過去の事実を他から伝え聞いたこととして表す。…たとかいう。
「顕基の中納言の言ひけん配所の月、罪なくて見んこと、さもおぼえぬべし」〈徒然・五〉
[補説]過去の助動詞終止形「き」に推量の助動詞古形「あむ」が付いた「きあむ」の音変化ともいう。主として中世以後は「けん」とも表記。なお、未然形の「けま」は上代に「けまく」の形で用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けむ
( 助動 ) ( ○ ・○ ・けむ ・けむ ・けめ ・○ )
〔終止形・連体形は平安中期以降ケンと発音されるようになり、「けん」とも書かれた〕
活用語の連用形に付く。過去の事実を推量するのに用いる。
明確でない過去の事実を推測する意を表す。…ただろう。…だっただろう。 「昔こそ難波ゐなかと言はれけめ今都引き都びにけり/万葉集 312」 「空よりや降りけん、土よりや湧きけん/徒然 243
過去の事実を表す語に付いて、その原因・理由などを推量する意を表す。…たのだろう。…だったのだろう。 「うき世にはかかれとてこそ生まれけめことはり知らぬわが涙かな/増鏡 新島守
過去のことを伝聞したということを表す。…たとかいう。…だそうだが。 「布留の滝は法皇の御覧じにおはしましけむこそめでたけれ/枕草子 61
婉曲に表現するために用いる。 「なほも翁の年こそ聞かまほしけれ。生まれけむ年は知りたりや/大鏡 」 〔「けむ」の語源については、過去の助動詞「き」の未然形の古形「け」に推量の助動詞「む」の付いたもの、その他の説があり、確定しない〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

け‐む
〘連語〙 形容詞および形容詞型活用の助動詞の上代における未然形語尾「け」に、推量の助動詞「む」の付いたもの。
※古事記(712)中・歌謡「命の また祁牟(ケム)人は 畳薦(たたみこも) 平群(へぐり)の山の 熊白檮(くまかし)が葉を うずに挿せ その子」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けむ
〘助動〙 (活用は「◯・◯・けむ・けむ・けめ・◯」。活用語連用形に付く。平安時代に kemu → kem → ken のようになっている) 過去の推量を表わす助動詞。
① 過去の事柄として推量、想像することを表わす。…ただろう。…だったろう。
※古事記(712)中・歌謡「この御酒(みき)を 醸(か)み祁牟(ケム)人は その鼓 臼(うす)に立てて 歌ひつつ 醸みけれかも 舞ひつつ 醸みけれかも」
② 過去の事柄について、原因・理由や、時・所・人・手段・方法などの条件を設定して、こうした条件のもとだから、その事柄が成立したのだと推量する。疑問詞を含む場合には、どういう条件のもとで、その事柄が成立したかを推量する意味になる。それで…なのであろう。
※万葉(8C後)五・八七二「山の名と言ひ継げとかも佐用姫(さよひめ)がこの山の上(へ)に領布(ひれ)を振り家無(ケム)
※源氏(1001‐14頃)葵「御湯まゐれなどさへ扱ひ聞え給ふを、いつならひ給ひけんと人々あはれがり聞ゆ」
③ 過去の事柄を伝聞によって想像することを表わす。連体修飾または体言と同様の資格で用いる場合の用法。…とかいう。…たという。
※万葉(8C後)二・一〇八「吾(あ)を待つと君がぬれ計武(ケム)あしひきの山のしづくにならましものを」
※枕(10C終)六一「布留の滝は、法皇の御覧じにおはしましけんこそめでたけれ」
[語誌](1)語源については、(イ)過去の助動詞「き」の未然形として「け」を認め、それに推量の助動詞「む」の付いたものとする説、(ロ)「来経(きへ)」の融合したものに「む」がついたとする説、(ハ) 推量の助動詞の原形を「あむ」とし、それが過去の助動詞「き」の終止形について母音融合したとする説などがある。
(2)上代には、打消の助動詞「ず」に続く場合、「ずき」と同様に、「ず━けむ」の形で用いられた。「松反りしひにてあれかもさ山田の翁(をぢ)がその日に求めあは受家牟(ズケム)〔万葉‐四〇一四〕」
(3)事実そのものを推量するほか、原因・理由などの推量にも用いられる点は、現在の推量を表わす「らむ」の場合とほぼ同様である。「鷲の即ち噉(く)ひ失ふべきに、生乍ら樔(す)に落しけむ、希有の事也〔今昔‐二六〕」などの例について、「いかに(いかにして)落したのであろう」という推量が、「落とした(という)のは」という伝聞事実の叙述に重なっているとの指摘がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けむ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

けむの関連情報

他サービスで検索

「けむ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.