Rakuten infoseek

辞書

けじめ【ケジメ】

デジタル大辞泉

けじめ〔けぢめ〕
物と物との相違。区別。
「やっと人間の顔色の―がつくほどの光が」〈徳永太陽のない街
道徳や規範によって行動・態度に示す区別。節度ある態度。「公私のけじめをつける」「親子の間にもけじめが必要だ」
連続する物事などの境目。区切れ。「季節のけじめ
へだて。くぎり。しきり。
「こなたかなた御几帳ばかりを―にて」〈・若菜下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けじめ
あるものと他のものとの相違。区別。差別。 善悪の-
道徳や社会的規範に従って言動に表す区別。言動における節度。 公私の- 師弟の-
次第に移り変わってゆく物事の、前とあとのちがい。 うちつぎて、世の中のまつりごとなど、殊にかはる-もなかりけり/源氏 若菜下
隔て。しきり。 こなたかなた御几帳ばかりを-にて/源氏 若菜下

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けじめ けぢめ
〘名〙 (「差別」「区別」などの字を当てる場合もある)
① 物事の差。二つ以上のものの間にある、質的または量的な差。優劣、大小、多少などの差。比較される一方の立場に立って他との違いをいう場合が多い。
※伊勢物語(10C前)六三「この人は、思ふをも、思はぬをも、けぢめ見せぬ心なんありける」
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉二「文明と未開との差別(ケジメ)は鏡にかけて明らかならずや」
② 連続したものが変化したときに認められる、前と後との質的な違い。物事の移り変わり。変動。
源氏(1001‐14頃)若菜下「うちつぎて、世の中のまつりごとなど、殊に変はるけぢめもなかりけり」
③ 二つ以上の物事について、内容、外観などによって区別をつけること。差を弁別すること。区別。差別。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「雪はところどころ消え残りたるが、いとしろき庭のふとけぢめ見えわかれぬほどなるに」
※金(1926)〈宮嶋資夫〉二「人の物か、自分の物か、けぢめさへつかなくなってゐた」
④ 守るべき規範や道徳などにより、行動や態度などにつける区別。その場その場にかなった行動をとること。節度ある態度。
※源氏(1001‐14頃)花宴「上達部みな乱れて舞ひ給へど、夜に入りてはことにけぢめも見えず」
※冷え物(1975)〈小田実〉「みんなで決めたことはまもらないかん。そやないと、世の中のケジメがつけへん言うて」
⑤ 物事の境目。境界。区切れ。
※源氏(1001‐14頃)乙女「さるべき御かげどもにおくれ侍りてのち、春のけぢめも思ひ給へわかれぬを」
⑥ 間を隔てるもの。境を分けるもの。中へだて。しきり。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「廂の、中の御障子を放ちて、こなたかなた御几帳ばかりをけぢめにて」
⑦ 他の者に比して一段と低い扱いをされること。ばかにされること。なめられること。→けじめを食う
⑧ 偽造のもの。いつわり。
※日葡辞書(1603‐04)「Qegimega(ケヂメガ) ミエタ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けじめ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

けじめの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.