Rakuten infoseek

辞書

けじめを食う【ケジメヲクウ】

デジタル大辞泉

けじめを食・う
より低い待遇を受ける。卑しめられる。ばかにされる。
「汝等(うぬら)に―・ふ様な、そんな二才ぢゃあねえぞ」〈伎・三人吉三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けじめをくう【けじめを食う】
人から差別される。ばかにされる。 汝等に-・ふ様な、そんな二才ぢやあねえぞ/歌舞伎・三人吉三

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けじめ を=食(く)う[=食(く)らう]
人から差別待遇を受ける。人に疎外されて、卑しめられる。ばかにされる。仲間はずれにされる。
※歌舞伎・浮世柄比翼稲妻(鞘当)(1823)二幕「なアに彼奴らにけじめを食(ク)ふやうな事では、仲の町を金棒引いては歩かれませぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けじめを食う」の用語解説はコトバンクが提供しています。

けじめを食うの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.