Rakuten infoseek

辞書

ぐりとぐら

デジタル大辞泉プラス

ぐりとぐら
中川李枝子、大村(山脇)百合子による絵本作品。1963年に雑誌掲載された読み切り作品『たまご』を基にしたもので、1967年刊行。のねずみの兄弟ぐりとぐらが、大きなカステラを作るエピソードで知られる。人気を博し、多数の続編が制作される。第一作となる本作は累計400万部以上を販売したロングセラー作品で、英語、中国語などの翻訳版もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐりとぐら
中川李枝子の文、大村百合子の絵による絵本作品、また同作を第1作とする絵本シリーズ。野ねずみの「ぐり」と「ぐら」を主人公とする幼児向けの作品で、「たまご」の題で雑誌「母の友」の昭和38年(1963)6月号に掲載されたのち、加筆・訂正・改称を経て、同年12月、「こどものとも」誌に掲載。「ぐりとぐらのおきゃくさま」「ぐりとぐらとすみれちゃん」など、シリーズ作品多数。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐりとぐら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぐりとぐらの関連情報

他サービスで検索

「ぐりとぐら」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.