Rakuten infoseek

辞書

ぐむ【ぐむ】

大辞林 第三版

ぐむ
( 接尾 )
〔動詞五[四]段型活用〕
名詞に付いて、そのもののきざしが現れてくる、それが現れ始めるなどの意を表す。 「涙-・む」 「芽-・む」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぐ・む
[接尾]動詞五(四)段型活用》名詞に付いて動詞をつくり、そのものが現れはじめる、現れる直前になるなどの意を表す。「涙―・む」「―・む」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぐ・む
〘接尾〙 (四段型活用) 名詞に付いて、そのきざしが現われてくることをいう。そのものが現われはじめる。または、現われる直前までくる。
※源氏(1001‐14頃)賢木「千人にもかへつべき御さまにて、深う尋ね参り給へるを見るに、あいなう涙ぐまる」
古今著聞集(1254)一八「瓜を取り出でたりけるが、わろくなりて水ぐみたりければ」
[語誌]「ぐむ」は、本来「何物かを内に含む」という意味の他動詞かと考えられる。しかし、一般には、目的語と複合して、「何物かが外に現われ出ようとする」という意味合いを持つようになり、さらに意味がずれて「…のきざしが現われる」という意味の接尾語になったと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐむ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぐむの関連情報

他サービスで検索

「ぐむ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.