Rakuten infoseek

辞書

ぐち【グチ】

デジタル大辞泉

ぐち
《「くち」とも》シログチ別名 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぐち
〔古くは「くち」とも〕
魚、イシモチの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐち
( 接尾 )
〔近世上方語〕
名詞に付いて、それとともにの意を表す。…ごと。 「家-毀こぼつても/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ぐち
ぐち
上方端唄(かみがたはうた)の曲名。作詞者・作曲者不詳。本調子。心をときめかして愛人とたまさか会う夜も、満足に思いを満たされぬまま別れをかこつ女の愚痴を歌う。「お前の袖(そで)とわしが袖」以下、寂しいなかに明るさの漂う叙情味豊かな作曲は、歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽に生かされ、『恋飛脚大和往来(こいびきゃくやまとおうらい)』の「封印切(ふういんきり)」の場では、梅川と忠兵衛のせっぱ詰まった心理描写をいっそう引き立たせて舞台効果の役割を十分に果たす。また殺しの場面にも一つ鉦(がね)をあしらって使われている。[林喜代弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぐち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぐちの関連情報

他サービスで検索

「ぐち」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.