Rakuten infoseek

辞書

【ク】

デジタル大辞泉

く[五十音]
五十音図カ行の第3音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[u]とからなる音節。[ku]
平仮名「く」は「久」の草体から。片仮名「ク」は「久」の初2画。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く[接尾]
[接尾]《上代語》活用する語に付いて名詞化する。四段・ラ行変格活用の動詞や助動詞「けり」「り」「む」「ず」などはその未然形に付き、形容詞にはその古い未然形「け」に付く。ただし、助動詞「き」には、その連体形に付く。
主語または連用修飾語となって、
㋐「…すること」「…するもの」の意を表す。
「あかねさす日は照らせれどぬば玉の夜渡る月の隠ら―惜しも」〈・一六九〉
㋑「…する所」「…する場所」の意を表す。
「梅の花散ら―はいづくしかすがにこの城(き)の山に雪は降りつつ」〈・八二三〉
㋒「…するとき」の意を表す。
「み吉野の山の嵐の寒け―にはたや今宵も我(あ)が一人寝む」〈・七四〉
「言ふ」「思ふ」などの意の動詞に付いて、引用文を導き、「…することには」「…するのは」の意を表す。
「寺々の女餓鬼申さ―大神(おほみわ)の男餓鬼賜(たば)りてその子生まはむ」〈・三八四〇〉
引用文の末尾に置かれ、引用句を形成して、「…すること」の意を表す。
「皇御孫命(すめみまのみこと)のうづの幣帛(みてぐら)を朝日の豊さか登りに称辞竟(たたへごとを)へまつら―と宣る」〈祝詞・祈年祭〉
文末にあって、文全体を名詞止めの感動文とする。「…くに」「…くも」の形で用いられ、「…することよ」「…であることよ」の意を表す。
「苦しくも暮れ行く日かも吉野川清き河原を見れど飽かな―に」〈・一七二一〉
[補説]上二段・下二段・カ変・サ変の動詞および「つ」「ぬ」「しむ」などの助動詞には、その終止形の下に「く」と同じ意を表す「らく」が付く。ただし、上一段の「見る」には、その未然形に「らく」が付く。→らく(接尾)ク語法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図カ行第三段の仮名。軟口蓋破裂音の無声子音と後舌の狭母音とから成る音節。
平仮名「く」は「久」の草体。片仮名「ク」は「久」の初二画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接尾 )
〔上代語〕
活用語に付いて名詞化する。四段・ナ変・ラ変の動詞、形容詞およびそれに準ずる活用の助動詞の未然形(助動詞「き」には連体形)に付く。その他の用言には「らく」の形が付く。 → らく
上の活用語を体言化し、「…こと」の意を表す。 「黄葉もみち散ら-は常をなみこそ/万葉集 4161」 「たまきはる短き命も惜しけ-もなし/万葉集 3744
「言ふ」「申す」などに付いて会話文を導き、「…ことには」「…のには」の意を表す。 「かぢとりの言は-、この住吉の明神は例のかみぞかし/土左」
助詞「に」を伴って、「…なのに」「…というのに」の意を表す。 「我やどを見きとな言ひそ人の聞か-に/古今 恋五
文末にあって詠嘆の意を表す。助詞「も」や「に」を伴うこともある。 「み吉野の玉松が枝は愛しきかも君がみ言を持ちて通は-/万葉集 113」 「妹が寝る床のあたりに岩ぐくる水にもがもよ入りて寝ま-も/万葉集 3554」 〔ク語法、またはカ行延言の語尾ともよばれる。語源的には用言の連体形に、事・所を意味する「あく」という語が付き、母音の融合・脱落現象を起こしたものといわれる(例、「言ふ」+「あく」→「言はく」[ifu+aku → ifaku])。この説は「く」「らく」を統一的に説明することができるが、ただ、この場合「あくがる」の「あく」だといわれる体言「あく」の存在と、助動詞「き」に対しては「言ひしく」のように母音変化を起こさないという点で問題が残る〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第2行第3段の仮名。平仮名の「く」は「久」の草体から、片仮名の「ク」は「久」の初めの2画からできたものである。万葉仮名では「久」「玖」「九」「鳩」「君」「群」(以上音仮名)、「來」(訓仮名)などが清音に使われ、「興」「遇」「隅」「求」「愚」「虞」(以上音仮名のみ)などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(具)」「(倶)」「(九)」「(供)」「(求)」などがある。
 音韻的には/ku/(濁音/gu/)で、奥舌面と軟口蓋(こうがい)との間で調音される無声破裂音[k](有声破裂音[g])を子音にもつ。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘接尾〙 活用語に付いて名詞化する。四段活用の動詞に付いて「言はく」「思はく」など、その他の動詞に付いて「恋ふらく」「見らく」など、助動詞に付いて「知らなく」「有らなく」(打)、「掛けまく」「散らまく」(推量)、「来しく」「寝しく」(過去)など。→ク語法
① 主語または連用修飾語となる場合。
(イ) …こと。…すること。…するもの。
※古事記(712)中・歌謡「前妻(こなみ)が 肴(な)乞はさば 立柧棱(たちそば)の 実の無け久(ク)を こきしひゑね 後妻(うはなり)が 肴乞はさば 柃(いちさかき)実の多け久(ク)を こきだひゑね」
※万葉(8C後)二・一六九「あかねさす日は照らせれどぬば玉の夜渡る月の隠ら久(ク)惜しも」
(ロ) …するところ。…する場所。
※万葉(8C後)五・八二三「梅の花散ら久(ク)はいづくしかすがにこの紀の山に雪は降りつつ」
(ハ) …する時に。…する時。
※万葉(8C後)一・七四「み吉野の山の嵐の寒け久(ク)にはたや今宵も我が一人寝む」
② 引用文を導く場合。多く「言う」「思う」などの意の動詞に付く。…ことには。…のは。
※万葉(8C後)一六・三八四〇「寺々の女餓鬼(めがき)申さ久(ク)大三輪の男餓鬼給りてその子生まはむ」
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一「而して頌を説きて曰はク、〈略〉とのたまふ」
※大唐西域記長寛元年点(1163)三「冀(ねが)はくは賞財を以て廻して恵み施すことを為(し)たまへといひき」
③ 引用文の末尾に置かれ、引用句を形成する場合。…すること(と申し上げる)。
※続日本紀‐文武元年(697)八月一七日・宣命「天の下の公民を恵び賜ひ撫で賜はむとなも神ながら所思行佐久(おもほしめさク)と詔ふ天皇が大命を諸(もろもろ)聞き食(たま)へと詔ふ」
④ (多く、「…くに」「…くも」の形で用いる) 文末に位置し、文全体を名詞止めの感動文とする場合。特に万葉集では否定の助動詞「ず」の未然形とともに、「なくに」の形で用いられることが多い。…することよ。…であることよ。
※万葉(8C後)九・一七二一「苦しくも暮れ行く日かも吉野川清き河原を見れど飽かな君(くに)
※万葉(8C後)一九・四二二五「あしひきの山のもみちにしづく逢ひて散らむ山道を君が越えま久(ク)
[補注](1)「く」を添えて動詞を名詞化する用法は「ク語法」とか「か行延言」とか呼ばれ、上代語に特有のもの。平安時代以降は訓点資料にいくつかの定まった言い方が残るだけである。ただし、それらの中には「曰(いわ)く」「恐(おそ)らく」「思惑(おもわく)」「老(お)いらく」「願(ねが)わくは」など、現代でも使われているものがある。
(2)接続については諸説がある。(イ)四段活用・ラ変動詞・助動詞「けり」「り」「む」「ず」の未然形、形容詞には古い未然形「け」にそれぞれ接尾語「く」が付き、その他の場合には、終止形に接尾語「らく」が付き、助動詞「き」は例外として連体形に付くとする。(ロ)活用語の未然形に、推量の助動詞「む」の零表記を媒介として、「こと」を意味する不完全名詞の「く」が付いたとする。(ハ)活用語の連体形に接尾語「く」が付くとする。(ニ)活用語の連体形に形式名詞「あく」が付くとする。ただし、(イ)~(ニ)いずれもなお問題が残る。
(3)語源については、「其処(そこ)」などの「こ」、「奥処(おくか)」などの「か」、「何処(いづく)」などの「く」など、位置や場所を表わす語と同源とする説や、形式名詞「こと」を一音化した語と見る説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

くの関連情報

他サービスで検索

「く」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.