Rakuten infoseek

辞書

くるり【クルリ】

デジタル大辞泉

くるり
[副]
軽く1回転するさま。「くるりとふり向く」
物を包んだり取り除いたりするさま。「くるりと裾(すそ)をはしょる」
丸く、愛らしいさま。くりくり。「くるりとした目」
急にようすが変化するさま。「意見をくるりと変える」
[名]くるり棒」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くるり

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くるり
( 副 )
(多く「と」を伴って)
軽く一回転するさま。一巻きするさま。 「 -と背を向ける」 「朝顔のつるが-とまきつく」
物事が急に違った方向に変わるさま。 「方針を-と変更する」
目などが、丸く愛らしいさま。 「 -とした目」
丸い物の表面がむけたりはげたりするさま。 「モモの皮が-とむける」
物をまるめるさまをいう語。 「羽織を-と丸めて片寄せる」
( 名 )
「くるり棒」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の大学ブランド商品

くるり
[菓子]
高知大学高知県高知市)の大学ブランド。
機能性成分ソフィβ-グルカンを配合したロールケーキ。免疫力アップや整腸、血糖値低減などに役立つとされるソフィβ-グルカンをスポンジ生地に配合し、脂質も通常の20%カットして焼き上げられる。製造は、菓子工房コンセルト(香南市)。価格は、1カット190円。
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くるり
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 人や物がすばやく一回転したり反転したりするさまを表わす語。
※富家語(1151‐61)「突膝てくるりと居廻て著也」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉一「くるりと奥を向いて歩いて行って了った」
② 人や物などが円を描いて動くさま、また、ある地域のまわりなどをめぐって移動するさまを表わす語。
※史記抄(1477)九「東からくるりと北辺をめぐりて九原まで至て」
③ 丸い物の表面がむけたり剥がれたりするさまを表わす語。
※咄本・軽口露がはなし(1691)四「かの仏の御面くるりとめくれ、鬼の顔に成けり」
④ 物を包んだり丸めたりするさまを表わす語。
※玉塵抄(1563)五〇「蚕の口から糸を吐て吾身をくるりとひきまとうて中に死でいるぞ」
※滑稽本・七偏人(1857‐63)三「手拭で顔をくるりと押包み」
⑤ 丸く、かわいらしいさまを表わす語。くりくり。
※虎明本狂言・鬼瓦(室町末‐近世初)「又あの目のくるりとしたもにたよ」
⑥ 急に様子・状態の変わるさまを表わす語。すっかり。ぐるり
[2] 「くるりぼう(━棒)」の略。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くるり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

くるりの関連情報

他サービスで検索

「くるり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.