Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

くねる【クネル】

デジタル大辞泉

くね・る
[動ラ五(四)]
幾度もくりかえして折れ曲がる。くねくねする。「―・った山道」
すねるように愚痴をこぼす。ひがんだような態度をとる。
「世をうらみ―・らせ給ふ」〈夜の寝覚・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くね・る
(「曲・拗」などの漢字をあてることもある)
[1] 〘自ラ五(四)〙
① 折れ曲がる。たわむ。くねくねする。うねる。
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)一五「弓をもさいさいからげねばくねるぞ」
② 不平、不満、うらみがましさなどを、すねるかたちで表現する。ひがんだような態度を見せる。
※蜻蛉(974頃)中「『なほ、年のはじめに、はらたちなそめそ』などいへば、すこしはくねりて、書きつ」
[2] 〘他ラ五(四)〙
① まげる。手や足首などをねじる。
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「きいちゃん振仰むき、くねったのよ。〈略〉まだそんな下駄を穿いておいでだ。ダカラくぢきます」
② すねたようなかたちで愚痴を言う。うらみかこつ。
※古今(905‐914)仮名序「をみなへしの一時をくねるにも歌をいひてぞなぐさめける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

く・ねる
〘自ナ下一〙 く・ぬ 〘自ナ下二〙 =くねる(一)①
※ありのすさび(1895)〈後藤宙外〉三「汀(みぎは)に水鏡して、蟠(わだかま)って太いわりに丈(たけ)短く、妙にくねたるシヂの木の下に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くねる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

くねるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.