Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

くっと

デジタル大辞泉

くっ‐と
[副]
こみ上げる笑いをおさえようとして、思わず声のもれるさまを表す語。
「―笑いが込み上げて来て、我慢するのに骨が折れた」〈大仏・帰郷〉
動きの速いさま。一気に。「釣り糸がくっと引かれる」
残りなく、そうなるさま。すっかり。すべて。
「やれさて、―ぬらしをった」〈狂言記・丼礑

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くっ‐と
〘副〙
① すべて。すっかり。十分に。全体的に。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※狂言記・丼礑(1660)「やれさて、くっとぬらしおった」
② 力をいれて。ひといきに。ぐっと。
※米沢本沙石集(1283)五本「くっとのまれなば、かばかりの事と思ともよみがへるみちもあらじ」
※中華若木詩抄(1520頃)下「楼へ上て、簾をくっとまきあげて」
③ こみあげるように笑う声や笑いをこらえようとして思わずもらす声。また、そのさまを表わす語。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「くっと可笑(をかし)さを飲込み」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くっと」の用語解説はコトバンクが提供しています。

くっとの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.