Rakuten infoseek

辞書

くだ【クダ】

デジタル大辞泉

くだ
[名・形動ナリ]《「くだくだしい」の略》くどいこと。煩わしいこと。また、そのさま。
「過ぎし青楼夜話に書きしごとく、言ふは―なれど」〈ひとりね

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くだ
( 名 ・形動ナリ )
〔「くだくだしい」の略〕
くどい・こと(さま)。 「改まり申すは-なれど/浄瑠璃・八花形」
[句項目] くだを巻く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くだ【管・
〘名〙
① 竹、木、金属、ゴムなどの、円筒形で、中がうつろなもの。
古今著聞集(1254)一六「家にくだといふ小竹のよを多く散らしおきて」
② 機(はた)を織るとき、緯(よこいと)を巻いておいて、梭(ひ)に入れる道具。
※元祿版本新撰万葉(893‐913)上「雁がねの羽風を寒みはた織りの管子(クダ)巻く音のきりきりとする」
糸繰車紡錘(つむ)にはさんで糸を巻きつける小さな軸。〔日葡辞書(1603‐04)〕
④ 「くだ(管)の笛」の略。
書紀(720)天武一四年一一月(北野本訓)「大角小角(クタ)、鼓・吹〈略〉の類は私の家に存(お)くべからず」
※万葉(8C後)二・一九九「吹き響(なせ)る 小角(くだ)の音も 敵みたる 虎か吼ゆると」
農機具の一種。刈り取った稲をこく道具。〔大和耕作絵抄(1688‐1704頃)〕
⑥ 「くだぎつね(管狐)①」の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くだ
〘名〙 (形動) (「くだくだしい」の略)
① くだくだしいこと。くどいこと。また、そのさまや、その事がら。また、転じて、よけいなこと。不必要なこと。
※評判記・剥野老(1662)序「にわ鳥をきつねにとらせんとひしめきかねつくやつめがくだては有ぞとうらみ」
滑稽本・風来六部集(1780)里のをだ巻評「お江戸の吉原、一といふて二のなき事は、人々の知るところなれば、今更にいふがくだなり」
② 酒に酔ってくどくど不平などを言うこと。また、その不平。→くだを巻く
※蠢く者(1924)〈葛西善蔵〉「酔払って、おせい相手に毎晩のを繰返してゐようと云ふ光景かね」
[補注]「管」と同語源と見る説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くだ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

くだの関連情報

他サービスで検索

「くだ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.