Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

くすむ【クスム】

デジタル大辞泉

くす・む
[動マ五(四)]
黒ずんだ渋い色になる。または、すすけたようなさえない色になる。「―・んだ茶色」
目立たない地味なようすになる。「―・んだ存在」
生気を失う。もの思いに沈む。「暗く―・んだ顔つき」
不愛想に振る舞う。しかつめらしくする。
「笑へと仰せらるるにより、―・まるる、何がな思ひ出(いだ)いて笑はうやれ」〈虎明狂・筑紫の奥

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くす・む
〘自マ五(四)〙
① きまじめな様子をする。しかつめらしい様子をする。重々しく構える。
※歌謡・閑吟集(1518)「くすむ人は見られぬ、ゆめのゆめのゆめの世を、うつつがほして」
※仮名草子・ぬれぼとけ(1671)中「くすむでわれにおもはせぶりはいやならおきやれふつとやめべい」
② 落ち着いて渋い様子になる。地味になる。黒ずむ。
※大般若経字抄(1032)「(クスム)
※宗五大草紙(1528)衣装の事「人の衣裳は〈略〉ちとくすみて出立たれ候がよく候ふ由」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉二「くすんだ鼠縞の袖の下から」
③ 若々しさや生気を失った様子になる。しょげる。また、もの思いに沈む。
※伊勢貞親教訓(1457‐60頃)「若者のさのみくすみて、相撲力態鷹などけ嫌ふは悪き也」
※病院の窓(1908)〈石川啄木〉「顔は忽ち燻んで、喉がセラセラする程胸が苛立つ」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「丈夫何時までか田舎にくすんで、読本綴書の教師で居やうぞ」
⑤ ぱっとしない状態になる。さえないさまになる。
※解剖室(1907)〈三島霜川〉「さて風采のくすむだ学士が、態度も顔もくすむだ方で」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くすむ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

くすむの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.