Rakuten infoseek

辞書

ぎゅう【ギュウ】

デジタル大辞泉

ぎゅう
[副]
力を込めて締めつけたり、押しつけたり、ねじったりするさま。「ぎゅうと握る」
きつく責めたてるさま。また、責められて音(ね)をあげるさま。「ぎゅうという目にあわせる」「ぎゅうと言わせる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぎゅう
( 副 )
(多く「と」を伴って)物を強く押しつけたり、しめつけたりするさま。また、ひどく苦しめるさま。 「押さえつけて-といわせる」 → ぎゅっと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎゅう ギフ【妓夫・牛夫・牛ギウ
〘名〙
夜鷹(よたか)などの私娼につき従い、客引きや女の護衛などをする男。
※浮世草子・好色一代女(1686)六「君が寝巻の一ふしうたふて見しに、声おかしげなれば(ギフ)に付声(つけごゑ)させ」
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「妓夫が夜鷹を大勢連れて来てゐて」
② 客引きをする遊女屋の若い衆。
※咄本・鹿の巻筆(1686)三「上郎ありて、ぎうをよびて申されけるは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎゅう
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 強く押しつけられたりして、苦しみのあまり思わず出す声などを表わし、転じて、ひどい苦しみ、絶望のさまなどを表わす語。
※半七捕物帳(1925)〈岡本綺堂〉三河万歳「ぎうといふ目に逢はして遣らにゃあならねえ」
② 力をいれて、ひといきに動作するさまを表わす語。強く。ぐっ。ぎゅっ。
塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉一一「力に任せてギューと無闇に刮(こじ)りましたから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎゅう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぎゅうの関連情報

他サービスで検索

「ぎゅう」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.