Rakuten infoseek

辞書

【キ】

デジタル大辞泉

き[五十音]
五十音図カ行の第2音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[i]とから成る音節。[ki]
平仮名「き」は「幾」の草体片仮名「キ」は「幾」の草体の楷書化から変化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き[助動]
[助動][(せ・け)|○|き|し|しか|○]活用語の連用形に付く。ただし終止形はカ変動詞には付かず、連体形・已然形は、カ変動詞の未然形・連用形、サ変動詞の未然形に付く。話し手または書き手の過去の直接経験を回想的に表す。…た。…たなあ。
「頼め来人をまつちの山風にさ夜更けしかば月も入りに」〈新古今・雑上〉
[補説]未然形の「せ」「け」は上代に「せば」「けば」「けく」の形で用いられ、「せば」は中古の和歌にも見られる。「け」「き」はカ変動詞から、「せ」「し」「しか」はサ変動詞から出たものという。カ変連用形からの接続形「きし」「きしか」という形が見られるのは中古からであるが、「きし」は「きし方(かた)」だけ、「きしか」は「着しか」の掛け詞としたものだけであるところから、「きし」を動詞「く(来)」の連用形に、完了の助動詞「ぬ」の連用形、過去の助動詞「き」の連体形の付いた「きにし」の音変化「きんし(じ)」の撥音無表記であるとして、カ変動詞の連用形からの接続を認めないという説もある。同じ過去の助動詞「けり」が伝承した過去を回想するのに対し、「き」は確実な過去の事実を回想する。→ありき

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き[接尾]
[接尾]中古、童女などの名に付けて呼ぶ語。
「雀の子をいぬ―が逃がしつる」〈若紫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図カ行第二段の仮名。軟口蓋破裂音(実際の調音点は前寄りになり硬口蓋に近い破裂音)の無声子音と前舌の狭母音とから成る音節。
平仮名の「き」は「幾」の草体。片仮名「キ」は「幾」の草体の楷書化から。 〔奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 助動 ) ( (せ) ・○ ・き ・し ・しか ・○ )
活用する語の連用形に付く。しかし、カ変・サ変には、特別の接続をする。「き」の終止形はカ変には全く付かず、連体形・已然形がその未然形「こ」・連用形「き」に付く。また、サ変には、終止形「き」がその連用形「し」に付き、連体形「し」・已然形「しか」はその未然形「せ」に付く。動作・事柄が過去にあったことを述べる。
話し手が直接に体験したことを回想して述べる。 「去年も見しに花面白かり/蜻蛉 」 「たれこめて春のゆくへも知らぬまに待ち桜もうつろひにけり/古今 春下」 「佐保山をおほに見しかど今見れば山なつかしも風吹くなゆめ/万葉集 1333
直接に経験したことでなく、ただ、過去にあったことを述べる場合にも用いる。 「十月かみなづき雨間も置かず降りにばいづれの里の宿か借らまし/万葉集 3214」 「沖つ風いたく吹きば我妹子わぎもこが嘆きの霧に飽かましものを/万葉集 3616
上代には、未然形に「け」があり、「けば」「けく」などの形で用いられる。 「根白の白腕ただむきかずばこそ知らずとも言はめ/古事記 」 「蓴ぬなわ繰り延く知らにわが心しぞいや愚おこにして今ぞ悔しき/古事記 」 〔過去の助動詞「けり」が、伝承した過去の事実を回想するのに用いられるのに対し、「き」は話し手の直接体験した過去の事実を回想するのに用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接尾 )
中古、女子の名に付けて呼ぶのに用いられる。童女の呼称に多い。 「雀の子をいぬ-が逃がしつる/源氏 若紫

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第2行第2段の仮名。平仮名の「き」も、片仮名の「キ」も、ともに「幾」の草体からできたものである。万葉仮名には2類あって、甲類に「支」「」「岐」「妓」「吉」「枳」「棄」「企」(以上音仮名)、「寸」「来」「杵」(以上訓仮名)、乙類に「奇」「寄」「綺」「忌」「紀」「貴」「幾」(以上音仮名)、「木」「城」(以上訓仮名)などが使われ、濁音仮名としては、甲類に「伎」「祇」「藝」「岐」(以上音仮名のみ)、乙類に「疑」「宜」「義」(以上音仮名のみ)などが使われた(「伎」「岐」は清濁両用)。ほかに草仮名としては「(支)」「(起)」などがある。
 音韻的には/ki/(濁音/gi/)で、奥舌面と軟口蓋(こうがい)との間より前寄りで調音される無声破裂音[k](有声破裂音[g])を子音にもつ。上代では、甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものとも考えられる。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きの関連情報

他サービスで検索

「き」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.