Rakuten infoseek

辞書

きり【キリ】

デジタル大辞泉

きり[副助]
[副助]《名詞「き(切)り」から転じた語。「っきり」「ぎり」の形でも用いる》体言、活用語の連用形・連体形に付く。
動作や事物に付いて、その範囲を限定する意を表す。
㋐だけ。かぎり。「ひとりきりになる」「思いっきり泣く」
㋑ずっと…している。…のままだ。「閉めっきりの部屋」「何を聞いても黙っているきりだ」
(主に否定の表現と呼応して)これ以上動作が行われないという限度・限界を表す。…を最後として。「先月会ったきり顔を見ていない」「出かけたきり戻ってこない」
(主に否定の表現と呼応して)特定の事物以外のものは存在しないという意を表す。しか。だけしか。「選手は一〇人きり残っていない」「一〇〇円きり持っていない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きり
( 副助 )
〔名詞「きり(切・限)」から。主として話し言葉で用いられる語で、「ぎり」「っきり」の形でも用いられる〕
体言またはそれに準ずる語や活用語の連用形・連体形、一部の格助詞などに付く。
ある事柄について、その範囲を限定し、それ以上には及ばない意を表す。
かぎり。だけ。 「あなたとふたり-でお話ししたいと思います」 「あの人には一度会った-で、その後はつきあっていません」
ずっと…している。…のままである。 「そばにつきっ-で看病する」 「立ちっ-で乗っていた」
(多く下に打ち消しの語を伴って)事物の存在・状態などの限度・限界を示すのに用いられる。「…を最後として」「…のままで」などの意。 「ドイツへ行った-帰ってこない」 「それっ-会っていません」 「離婚した-今もひとり暮らしらしい」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きりの関連情報

他サービスで検索

「きり」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.