Rakuten infoseek

辞書

きゅう【キュウ】

デジタル大辞泉

きゅう
[副]
強くこすったりねじったりするときの、きしる音を表す語。「コルク栓(せん)がきゅうと音をたてて抜ける」
軽く力を入れて締めたり、ねじったり、こすったりするさま。「はちまきをきゅうと締める」
冷や酒などを一気に飲むさま。「コップ酒をきゅうと空ける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう
〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 強くこすったり、おしつけたり、ねじまわしたりした時などにきしる音。また、強くおしつけられて苦しんで出す声などを表わす語。
② 力をこめて動作するさまを表わす語。きゅっと。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉四八「殺してくれエといひ兼ねねえ、キウと遣ったな」
③ 酒などを一息に飲むさまを表わす語。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「半分ばかりきゅうと飲むで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きゅう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きゅうの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.