Rakuten infoseek

辞書

きい

精選版 日本国語大辞典

きい
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 堅い物がすれ合って立てるかん高い音。きしる音、また、きしるような声を表わす語。
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「キーと軋る音と共に厚樫の扉は彼等と浮世の光りとを長(とこし)へに隔てる」
② 強く締めたり、ひねったりするさまを表わす語。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉KとT「キイと胸がしめられるやうだね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

きいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.