Rakuten infoseek

辞書

がも【ガモ】

デジタル大辞泉

がも[終助]
[終助]《上代語》(「もがも」の形で)自己の希望を表す。…があればなあ。…でありたい。
「み空行く雲にも―高飛ぶ鳥にも―」〈・五三四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がも
( 終助 )
〔願望を表す終助詞「が」に詠嘆を表す終助詞「も」が付いてできたもの。上代語〕
願望の終助詞「もがも」が「も-がも」と意識されていたと認められるところから、この語形が取り出されるが、実際には常に「もがも」の形で用いられる。下にさらに詠嘆の間投助詞「な」「や」「よ」が添えられ、「がもな」「がもや」「がもよ」となることも多い。 〔中古以降は「がな」の形が用いられる〕 → もがも(終助)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

が‐も
〘終助〙 (願望を表わす終助詞「が」に詠嘆を表わす助詞「も」が付いてできたもの) 常に助詞「も」を伴って、「もがも」の形で用いられ、願望の意を表わす。下にも更に詠嘆の助詞「な・よ・や」が添加され、「がもながもよがもや」となることも多い。中古以後はもっぱら「がな」となる。
※古事記(712)下・歌謡「嬢子(をとめ)の い隠る岡を 金鉏(かなすき)も 五百箇(いほち)も賀母(ガモ)(す)き撥(ば)ぬるもの」
[補注]この語の成り立ちに関して、「が」は疑問の係助詞「か」であり、これが上接する助詞「も」によって連濁を起こしたもの、とする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がもの関連情報

他サービスで検索

「がも」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.