Rakuten infoseek

辞書

がね【ガネ】

デジタル大辞泉

がね[接助・終助・接尾]
[接助]《上代語》動詞の連体形に付く。願望・命令・意志などの表現を受けて、目的・理由を表す。…するように。…するために。→がに
「ますらをは名をし立つべし後の世に聞き継ぐ人も語り継ぐ―」〈・四一六五〉
[終助]《上代語》動詞の連体形に付く。推量・期待・許容などの意を表す。…だろう。…してほしい。…でもかまわない。
「雪寒み咲きには咲かず梅の花よしこのころはかくてもある―」〈・二三二九〉
[接尾]《助詞「がね」からの転用》名詞に付いて、「…の候補者」「…の材料」などの意を表す。
「幸ひ人の腹の后―こそ、又追ひすがひぬれ」〈・少女〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がね
( 終助 )
〔上代語〕
文末にあって、動詞の連体形に接続する。意志や命令などを表す前段を受けて、その意志や命令などの理由・目的を明らかにする意を表す。…であるから。…するために。…するように。 「梅の花われは散らさじあをによし平城ならなる人も来つつ見る-/万葉集 1906」 「大夫は名をし立つべし後の代に聞きつぐ人も語りつぐ-/万葉集 4165」 〔本来は名詞だったものともいわれる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がね
( 接尾 )
名詞に付いて、…するためのもの、…の料の意を表す。中古には、候補者の意に用いる。 「高行くや速総別はやぶさわけの御襲みおすい-/古事記 」 「この婿-によみて/伊勢 10

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がね
[1] 〘副助〙 (本来は名詞と考えられる) 動詞の連体形を受けて、「…するため」「…するよう」「…の料に」の意を表わす。
※万葉(8C後)五・八一三「万代に 言ひ継ぐ可禰(ガネ)と 海(わた)の底 沖つ深江の 海上の 子負(こふ)の原に み手づから 置かし給ひて」
※万葉(8C後)一七・四〇〇〇「万代の 語らひ草と 未だ見ぬ 人にも告げむ 音のみも 名のみも聞きて 羨(とも)しぶる我禰(ガネ)
[2] 〘接尾〙 ((一)から転じ、体言を受ける用法) …するためのもの。…の料。中古には「后がね」「坊がね」「大臣がね」「聟がね」など、候補者の意に用いられる。
※古事記(712)下・歌謡「高行くや 隼別(はやぶさわけ)の 御襲(みおすひ)賀泥(ガネ)
※伊勢物語(10C前)一〇「このむこがねによみてをこせたりける」
※源氏(1001‐14頃)常夏「おほきおとどの后がねの姫君」
[語誌](一)の用法は主に上代に用いられ、中古以降は、終止形接続の副助詞「がに」を吸収する形で連体形接続の「がに」に変化する。中古以降の「がに」は、上代の「がね」の語義・用法をほぼそのまま受け継いでいる。→がに〔副助〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がね」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がねの関連情報

他サービスで検索

「がね」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.