Rakuten infoseek

辞書

がに【ガニ】

デジタル大辞泉

がに
カニえら。食べてもまずく、有害とする俗説があった。「かには食ってもがに食うな」
(多くの地方で)カニのこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がに[接助]
[接助]
《上代語》動詞や完了の助動詞「ぬ」の終止形に付く。「がに」に上接する動詞の表す意が、今にも実現したり行われたりする状態や程度であることを表す。…しそうに。…するほどに。…するかのように。
「わがやどの夕影草の白露の消(け)ぬ―もとな思ほゆるかも」〈・五九四〉
動詞の連体形に付く。願望・命令・意志などの表現を受けて、目的・理由を表す。…するように。…するために。
「おもしろき野をばな焼きそ古草に新草(にひくさ)まじり生(お)ひは生ふる―」〈・三四五二〉
「桜花散りかひ曇れ老いらくの来むといふなる道まがふ―」〈古今・賀〉
[補説]2の場合、「がね」の東国方言といわれ、中古では主として和歌に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がに
カニの鰓えら。 「かには食うても-食うな」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がに
( 副助 )
〔上代語〕
活用語の終止形に接続して、下の動作の程度を様態的に述べるのに用いられる。…せんばかりに。…するかのように。…するほどに。 「わが屋戸やどの夕影草の白露の消ぬ-もとな思ほゆるかも/万葉集 594」 「秋田苅る借廬もいまだ壊こほたねば雁が音寒し霜も置きぬ-/万葉集 1556

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がに
( 終助 )
〔上代の終助詞「がね」から。中古語〕
動詞の連体形に接続する。意志・願望・命令などを表す前段を受けて、そうなることを望む意を表す。…するように。 「おもしろき野をばな焼きそ古草に新草にいくさまじり生ひは生ふる-/万葉集 3452」 「さくら花散りかひくもれ老いらくの来むといふなる道まがふ-/古今 」 「泣く涙雨と降らなむ渡り川水まさりなば帰り来る-/古今 哀傷」 〔上代では東歌に一例見えるだけ。中古には主として和歌に用いられた〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がに
〘名〙
(かに)の鰓(えら)
② 「たかあしがに(高足蟹)」の異名。〔大和本草批正(1810頃)〕
③ 「がにまた(蟹股)」の略。
※女生徒(1939)〈太宰治〉「右の前足が少し短く、それに前足はO型でガニだから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がに
〘副助〙
活用語終止形を受け、下の動作の程度を様態的に述べる。…せんばかりに。…するほどに。
※万葉(8C後)八・一五五六「秋田苅る借廬もいまだ壊(こほ)たねば雁が音寒し霜も置きぬ我二(ガニ)
動詞連体形を受け、将来の事柄に関してそうなることを望む意を表わす。…するように。
※万葉(8C後)一四・三四五二「おもしろき野をばな焼きそ古草に新草まじり生ひは生ふる我爾(ガニ)
※古今(905‐914)哀傷・八二九「泣く涙雨と降らなん渡り川水まさりなば帰り来るがに〈小野篁〉」
③ (②から転じて) まるで…するかのように。
※崖の下(1928)〈嘉村礒多〉「潤んだ銀色の月の光は玻璃窓を洩れて生を誘ふがに峡谷の底にあるやうな廃屋の赤茶けた畳に降りた」
[語誌]上代の「がに」は東歌の一例(②の挙例「万葉‐三四五二」)を除き終止形接続であり、中古以降の連体形接続の「がに」とは意味・用法が異なる。中古以降の「がに」は上代の「がね」を母胎として、ほぼその意味・用法を継承しているが、それはさらに、「ゆふぐれのまがきは山と見えななむ 夜はこえじと宿りとるべく」(古今‐離別)のような同様の表現効果を持つ、「べし」の連用止めの用法にとって代わられるようになり、中世以降は擬古的な用例に限られる。→副助詞「がね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がに」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がにの関連情報

他サービスで検索

「がに」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.