Rakuten infoseek

辞書

がな【ガナ】

デジタル大辞泉

がな[副助・終助]
[副助]《係助詞「か」に終助詞「な」の付いた「かな」の音変化》体言・活用語の連用形、副詞・助詞などに付く。
(疑問語に付いて)不確かな物事を挙げ示す意を表す。さあて…か。
「今の分でも知れぬ(=今ノ勝負デモ勝チ負ケハワカラナイ)。何―勝負にさせう」〈虎明狂・伯養〉
不確かながらも例示する意を表す。…でも。…かなにか。
「てっきり口舌(くぜつ)―なされて、ひそかに私は乗りかへて、様子を御覧なさるるであろうと存じます」〈浮・禁短気・五〉
[補説]中世から近世の用法。
[終助]《終助詞「が」+終助詞「な」》
体言、または体言に格助詞「を」「と」などを伴ったものに付く。願望を表す。…が(あって)ほしいなあ。…だったらよいのに。
「あっぱれ、よからうかたき―。最後のいくさして見せ奉らん」〈平家・九〉
(命令・禁止の意を表す文に付いて)強調する意を表す。
「湊(みなと)の川の潮が引け―」〈閑吟集
活用語の連体形などに付く。確かめたい気持ちや、問いただしたい気持ちを込めた感動を表す。…だねえ。…だがなあ。…だよね。
「抜きさしならぬこの二百目。ある所にはあらう―」〈浄・油地獄
[補説]1は、多く「もがな」の形で用いられたが、中古中期ごろから「をがな」の形も現れた。「もがな」は「も‐がな」と意識され分離し、のち「がな」単独でも用いられた。2は、中世末ごろからの用法。3は、近世の用法で、多くは推量の意を表す語に付く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

が‐な[連語]
[連語]《接続助詞「が」+終助詞「な」》(文末に付き、終助詞的に用いて)実現性の薄い事柄をなんとか実現してほしいと願望する意を表す。「早く来てくれるといいんだがな
[補説]多く「明日は晴れてほしいんだがなあ」のように「がなあ」の形で用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がな
( 副助 )
〔疑問の係助詞「か」に詠嘆の終助詞「な」が付いてできたもの。中世から近世へかけての語〕
文中の種々の語に付いて、漠然とさし示すのに用いる。
(疑問を表す語句とともに用いて)不定の意を表す。…か。 「何-取らせんと思へども、取らすべき物なし/宇治拾遺 9」 「何として-是れをかへさうと思うて/蒙求抄 4
漠然と例示する意を表す。…でも。 「又仕事誂ひに-参つたもので御座りましよ/歌舞伎・好色伝授」 「いやそれは私寝言-申したか/浄瑠璃・重井筒 」 〔この語は、終助詞の「がな」から転用されたものともいわれる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がな
( 終助 )
〔願望を表す終助詞「が」に詠嘆を表す終助詞「な」が付いてできたもの。上代の「がも」に代わって、中古以降用いられるようになった語〕
体言または体言に助詞の付いたものに付いて、願望の意を表す。…がほしいなあ。…があってくれたらなあ。 「さらむ者-。使はむとこそおぼゆれ/枕草子 300」 「あぱれ、よからうかたき-。最後のいくさしてみせ奉らん/平家 9
命令または禁止を表す文に付いて、第三者の動作の実現を願う意を表す。中世以降の用法。…てほしいなあ。…てくれたらなあ。 「橋へまはれば人が知る、湊の川の塩がひけ-/閑吟集」 「早ういね-、いね-、ともがけど、いぬる気色なく/浄瑠璃・今宮心中 」 〔上代における願望の終助詞「もがも」は、平安時代には「もがな」の形で用いられたが、「もがな」は「も - がな」と意識されたところから、平安時代の半ば以降、「がな」が切り離されて用いられるようになり、中世以降は「がな」がひろく用いられるに至った〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がな
( 連語 )
〔終助詞「が」に詠嘆の終助詞「な」の付いたもの。「がなあ」の形でも用いられる〕
事実の反対の事柄や実現性のあまり期待できない事柄を実現させたい気持ちを詠嘆的に言い表す。 「おこづかいがもっと多いといいんだ-」 「もうそろそろ梅も咲いてくれると思うがなあ」
感動の意を表す。 「抜き差しならぬ此二百匁、有る所には有らう-/浄瑠璃・油地獄
念を押したり詰問したりする気持ちを表す。 「やい阿呆、伴右衛門様は吉原であらう-/歌舞伎・富士見る里」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

が‐な
[1] 〘終助〙 (願望を表わす終助詞「が」に、詠嘆の終助詞「な」の付いてできたもの) 上代の「がも」に代わる中古以後の用法で、「もがな」の形で用いられることが多い。
① 体言または体言に助詞の付いた形を受け、願望の意を表わす。…が(あって)ほしいなあ。
※古今(905‐914)賀・三四七「かくしつつとにもかくにもながらへて君がやちよにあふよしも哉〈光孝天皇〉」
※落窪(10C後)四「ただ受領のよからんをがなとこそ思ひつるに」
※枕(10C終)三〇〇「さらん者がな、使はんとこそおぼゆれ」
※源氏(1001‐14頃)若紫「見てもまた逢ふ夜まれなる夢のうちにやがてまぎるるわが身ともがな」
※平家(13C前)九「あっぱれ、よからうかたきがな。最後のいくさしてみせ奉らん」
② 命令(禁止を含む)文を受け、第三者の動作の実現を願う意を表わす。中世以後の用法。…(て)ほしいなあ。
※歌謡・閑吟集(1518)「はしへまはれば人がしる、湊の川の塩がひけがな」
※浄瑠璃・今宮心中(1711頃)中「早ふいねがないねがなともがけどいぬる気色なく」
[2] 〘副助〙 (疑問の係助詞「か」に詠嘆の終助詞「な」の付いてできたもの) 漠然とさし示すのに用いる。中世から近世の用法。
① 疑問語を受け、不定の意を表わす。…か。
※今昔(1120頃か)一六「何をがな形見に嫗に取せむ」
※人情本・清談若緑(19C中)二「只此の上は何様(どう)がなして、日々の便(たつき)をするが肝要」
② 前の語を受け、漠然と例示する意を表わす。…でも。
※雲形本狂言・塗師平六(室町末‐近世初)「おなつかしう存、まぼろしにがな見えられた物(もの)でござりませう」
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)中「いやそれは私寝言かな申たか。ただしお前が病(や)みほふけて空耳でかなござりましょ」
[3] (感動の終助詞「が」に、同じく感動の終助詞「な」の付いたもの) 文末において終助詞的に用いられる。江戸後期から見られる。
① 念を押す意、または詰問の気持を表わす。
※歌舞伎・傾城富士見る里(1701)二「ヤイ阿呆、伴右衛門様は吉原であらうがな」
② 感動を表わす。
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)下「抜き差しならぬ此二百匁、有所には有ふがな」
③ 見込みのうすい期待にこだわる気持を表わす。「来るといいんだがな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がな
〘接尾〙 (語源未詳。「なか(中)」「なが(長)」の変化したものか) 多く「日がな一日」の形で用いられる。一日中の意。
※浄瑠璃・用明天皇職人鑑(1705)三「主に売ったる身と思へば、昼は日がな一日、手足のかわくひまもなく働けば働く程」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がなの関連情報

他サービスで検索

「がな」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.