Rakuten infoseek

辞書

がつ【がつ】

大辞林 第三版

がつ
男の愛人。情夫。 「こつちは-をしこらへるやうな働きはねえはな/滑稽本・浮世風呂 3

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がつ
〘名〙 (人形浄瑠璃社会の隠語から出た語か)
① 情交関係にある女性。情婦。〔物類称呼(1775)〕
② 情交関係にある男性。情夫。江戸では享和・文化(一八〇一‐一八)期、深川の岡場所などで特に流行した。
洒落本・船頭深話(1802)三「てんでんに中宿をこしれへて、がつに出合(でやっ)たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がつ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がつの関連情報

他サービスで検索

「がつ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.