Rakuten infoseek

辞書

がい

精選版 日本国語大辞典

がい がひ
〘語素〙 (名詞「かい(甲斐)」の変化した語) 体言または体言に準ずる語句に付く。
① 主として、動詞の連用形に付いて、その行為をした効果、効験の意を表わす。「生きがい」「勉強しがい」など。
※浄瑠璃・忠義墳盟約大石(1797)八「嘸(さぞ)世話がひもなき者とさみして居やらふ」
② 主として、人間関係を表わす名詞に付いて、その関係の効果を発揮する意を表わす。…としてのよしみ。
※浄瑠璃・悦賀楽平太(1692頃)二「平太落度(をちど)にきはまらば、一門がひに討こそせめ、そもや肩を持つべきか」
③ 否定を含む句に付いて、そうでないのが幸いなほど、の意を表わす。
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「理窟(りくつ)につまってあげくには死なずがひな目にあふて」
④ 願望を含む句に付いて、そうしたい放題の程度の意を表わす。
※浄瑠璃・卯月の潤色(1707頃)中「言ひたいがいに言ひこめて、死んでもまだ言ひたらぬか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がい
〘形動〙 ⇒がい(我意)(二)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

がいの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.