Rakuten infoseek

辞書

か焼【かしょう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

か焼
かしょう /
calcination
原料に物理的または化学的変化をおこさせて、その性質を変えるために赤熱、あるいはそれ以上の温度で原料を加熱する熱処理のことをいう。たとえばボーキサイトの焼は水を除き、その後におこる焼成収縮の比較的ないような物質をつくることであり、これに対し藍晶石(らんしょうせき)焼すると、そのときおこる変化は化学的ではなく、ムライトとクリストバライトが生成される鉱物学的な変化である。セラミック工業(窯業)での焼とは、原料を成形する前に有機物を除いたり、結合水を除くために加熱することをいう。粘土ではシャモット(焼粉(しょうふん))をつくるために行ったりする。[素木洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

か焼の関連情報

他サービスで検索

「か焼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.