Rakuten infoseek

辞書

かるみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

かるみ
松尾芭蕉晩年作風を表わす言葉。高い詩精神と,民衆詩としての通俗性とを融合しようとした風潮森川許六 (きょりく) の『青根が峰』 (1785) に「きといふは発句も付も求めずして直に見るがごときをいふ也。言葉の容易なる,趣向の軽き事をいふにあらず。腸 (はらわた) の厚き所より出て,一句の上に自然にあることをいふ也」と説明されている。詩心は高くもち,表現は平明にということになる。初期の高踏的,古典的な傾向から変遷を重ねたもので,庶民的な日常身辺の属目 (しょくもく) のを軽くとらえて,詩情を具象化するところにみられる。『俳諧七部集』のうち『炭俵』『続猿蓑 (さるみの) 』の風がそれに該当。句としては「梅が香にのつと日の出山路かな」「ひやひやと壁をふまへて昼寝かな」などがあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かるみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かるみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.