Rakuten infoseek

辞書

から【カラ】

デジタル大辞泉

から[副・接頭]
[副](あとに否定的な表現を伴って用いる)まったく。まるっきり。「から意気地がない」「から役に立たない」
[接頭]名詞や形容動詞に付く。
まるっきり、まったく、の意を表す。「からっ」となることもある。「からばか」「からうそ」「からっ下手(ぺた)」
すっかり、すべて、の意を表す。「から一面」「から一散」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から[格助・接助・準体助]
[格助]名詞・活用語の連体形に付く。また上代では、助詞「が」「の」「のみ」にも付く。
動作・作用の起点を表す。
㋐空間的起点、出所を示す。「目から大粒の涙が落ちた」「本人から直接話を聞く」
「波の花沖―さきて散り来めり水の春とは風やなるらむ」〈古今・物名〉
㋑時間的起点を示す。「会議は午後1時から始める」「朝から強い風が吹いている」
「明けぬ―舟を引きつつのぼれども」〈土佐
経由する場所を表す。…を通って。…に沿って。「東京を出て、名古屋から京都へと向かう」
「人の親の娘子児(をとめこ)据ゑて守山辺(もるやまへ)―朝な朝(さ)な通ひし君が来ねば悲しも」〈・二三六〇〉
理由・原因・動機・根拠を表す。…のために。…によって。「操作ミスから事故が生じた」
「恋草を力車(ちからぐるま)に七車積みて恋ふらくわが心―」〈・六九四〉
材料、構成要素を表す。「米から酒ができる」「水は水素と酸素からなる」
動作・作用の開始順序や発端を示す。「先着の人から入場してください」
(多く下に副助詞「まで」を伴って)動作・作用の及ぶ範囲を表す。「朝早くから夜遅くまで働く」「すみからすみまで探す」
移動の手段・方法を表す。…によって。…で。
「訪(と)ふべき人、徒歩(かち)―あるまじきもあり」〈かげろふ・下〉
[補説]レジで、店員が「1万円からお預かりします」と言う場合がある。「1万円から代金を頂きます」の意であろうか。従来は「1万円(を)お預かりします」と言っていた。関西から始まったともいうが不詳。1990年ころから目立ってきた言い方である。
[接助]活用語の終止形に付く。
理由・原因を表す。「もう遅いから帰ろう」
「年号が変はった―、暦はもらはずはなるまい」〈咄・聞上手〉
(終助詞的に用いて)強い主張、決意を表す。ぞ。「思い知らせてやるから
[準体助]種々の語に付いて、それの付いた語句を全体として体言と同じはたらきをもつものにする。
以後、以上の意を表す。「5キロからの重さ」
…から始めて、…をはじめとして、の意を表す。→からにからはてからが
「鍋そのもの―が品よく出来上って居る」〈漱石虞美人草
[補説]「から」は本来「故」の意の体言であったとみられ、上代において助詞「が」「の」に付くのも、その要素が強いからという。1は平安時代以降の用法で、上代では「より」が受け持った。1の用法から転じたもので、近世後期以降みられるようになった。は近世前期からみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

から
[1] ( 副 )
(下に、否定的な意を表す語を伴って)まるで。全く。からきし。 「 -最う意気地が無えや/くれの廿八日 魯庵
( 接頭 )
名詞・形容動詞に付く。
否定的な意を表す語に付いて、まるっきり、全然などの意を表す。 「 -ばか」 「 -っ下手」
その状態がはなはだしいこと、すっかりその状態になっていることの意を表す。 「 -一面」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から
〔「から(柄)」という名詞が抽象化されて、動作・作用の経由地を表すようになったといわれる。上代から用いられているが、起点・原因を表すようになるのは中古以降の用法〕
( 格助 )
体言および体言に相当するものに付く。
出発する位置を表す。
時間的・空間的な起点。 「あした-休みになる」 「山-日がのぼる」
論理の起点・根拠。 「今年の実績-ボーナスの額を決める」
「…から…へ」の形で慣用的に用いる。 「花-花へと、蝶が飛び回っている」 「次-次へ能書きを並べる」
通過する位置を表す。 「窓-日がさしこむ」 「ほととぎす卯の花辺-鳴きて越え来ぬ/万葉集 1945
範囲を表す。「…から…まで」の形をとることが多い。 「小学校-大学まで首席で通した」 「何-何までお世話になりました」
理由・原因・動機などを表す。「からすると」「ところから」「の上から」など慣用的に用いることがある。 「経営不振-、工場が閉鎖された」 「寒さの折-お体大切に」 「現状-すると、円高傾向は今後も避けられまい」 「ながしとも思ひぞはてぬ昔よりあふ人-の秋の夜なれば/古今 恋三
動作・作用の出どころを表す。 「君-聞いた話」 「おやじ-おこられた」
材料・構成要素を表す。 「酒は米-作る」 「議会は衆参二院-成る」
おおよその数量を示す。数量を示す語に付く。 「千人-の人出」
一つの事例をあげて、全体を強めていう。…をはじめとして。「からして」の形で用いられることもある。 「名人の演奏になると、音-違ってくる」 「先生-してそんなことでは、生徒に対してしめしがつかない」
手段・方法を表す。…によって。…で。 「徒歩かち-まかりていひ慰め侍らむ/落窪 1
( 準体助 )
からの転用で、近世後期以降の用法〕 いろいろの語に付いて、それの付いた語句を全体として体言と同じ働きをもつものにする。「以後」「以上」「故ゆえ」などの意を表す。 「 10キログラム-の重さ」 「こうなった-は一歩もひかない」 「向こうに着いて-が心配だ」 「僕のやり方がまずかった-のことだ」
( 接助 )
活用する語の終止形(古語では連体形)に付く。
の用法から出たもので、中古以降のもの。古語では「からに」の形をとることが多い。
原因・理由を表す。
前件を受けて、後件に話し手の断言・命令・意志など主観性の強い表現がくることが多い。 「ほしい-買ったんだ」 「むずかしい-できっこないよ」
「からだ」「からです」などの形で、強く述べる。 「成績があがらないのは、勉強しない-だ」
「からといって(からって)」の形で、理由・原因に対する帰結・結果を暗示させる。 「寒い-といって、寝ぼうするやつがあるか」
「からには」「からは」の形で、「…する以上は」の意を表す。 「決心した-には、やり通すぞ」 「やる-には立派になしとげなさい」
「てから」「てからが」の形で逆接の意を表す。…したところで。 「文句ばかり言って-が、何にもできないくせに」 → てからてからが
「てからに」の形で順接の意で用いる。…たりして。 → てからに
二つの事柄が必然的に結ばれており、それらが相続いて発生するという意を表す。「からに」の形をとる。
「…だけの理由で」「…ばかりで」の意。 「見る-に強そうな人」 「初春の初子の今日の玉箒たまばはき手に取る-に揺らく玉の緒/万葉集 4493
「…するとすぐ」「…するやいなや」「…とともに」の意。 「吹く-に秋の草木のしをるればむべ山風をあらしといふらむ/古今 秋下」 〔
の用法は、理由・原因を表す接続助詞「ので」との間にすこし差異がある。特に は「から」だけに見られるもの〕 → ので(接助)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ら クヮ‥【果
〘名〙 植物「からすうり(烏瓜)」の古名。〔広益国産考(1859)〕〔詩経‐豳風・東山〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か‐ら クヮ‥【蜾蠃・蜾
〘名〙 昆虫「じがばち(似我蜂)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から
[1] 〘副〙 否定的、消極的でよくない状態を表わすことばに伴って、その状態を強める。まるっきり。てんで。さっぱり。
滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)上「からがせうぎにふっぱるから」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一〇「身体許(なりばかり)大きう御座いまして、から、役に立ちません」
[2] 〘接頭〙 (名詞・形容動詞の語幹に付く)
① その状態がはなはだしいこと、また、すっかりその状態になりきること、の意を添えて強める。「から一散」「からしょてっぺん(=まっさき。いの一番)」
② 否定的、消極的でよくない状態を表わす語に付いて、まるっきり、てんで、の意を添えて強める。「からっ」の形をもとる。「から嘘(うそ)」「から馬鹿」「から坊主」「から無茶苦茶」「からっ下手」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 堅い物のふれあう音を表わす語。
※平家(13C前)四「弓をばからとなげすて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から
〘接続〙 (助詞「から」から接続詞に転用された語) 先行の事柄の当然の結果として、後行の事柄が起こることを示す。だから。そこで。
※滑稽本・大千世界楽屋探(1817)上「只今(たでへま)(にし)が、下司下臈の手にかかって、名告(なのる)でもねへと思ふも無理ぢゃアござらぬ。カラ私(わし)が、しちくどく身分を明すさ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から
[1] 〘格助〙 体言または体言に準ずるものを受ける。
① 動作の経由地を示す。…のまにまに。…に従って。…に沿って。上代はこの用法のみである。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「膂宍(そしし)の空(むな)国を頓丘(ひたを)(カラ)、覔国(くにま)ぎ行去(とほ)りて」
※神楽歌(9C後)早歌「〈本〉谷加良(カラ)(い)かば尾加良(カラ)(い)かむ 〈末〉尾加良(カラ)行かば谷加良(カラ)行かむ」
② 動作の起点を示す。中古に現われ、現代に至る用法。上代は、この用法としてはもっぱら「より」の方を用いる。時間的起点を示す場合と、空間的起点を示す場合とがある。
※催馬楽(7C後‐8C)本滋き「本(もと)(しげ)き 本(もと)(しげ)き 吉備の中山 昔より 昔加良(カラ) 昔可良(カラ) 昔より 名の旧(ふ)りこぬは 今の代のため 今日の日のため」
※宇治拾遺(1221頃)一〇「その遣戸(やりど)から顔をさし出給へ」
③ 手段を示す。…によって。…で。
※書紀(720)推古八年是歳(岩崎本訓)「直に新羅を指して泛海(ふねカラ)、往く」
④ (②の用法から転じて) 体言または接続助詞「て」を受け、「…から後」「…以上」の意を表わす。近世以後の用法。
※交隣須知(18C中か)一「泥 キモノニ ツイタニヨリ ホシテカラ モンテ タタケ」
⑤ (②の用法から転じて) 体言を受け、「…からはじめて」「…をはじめとして」の意を表わす。「からして」の形でも用いられる。→からして
※二百十日(1906)〈夏目漱石〉「かう云ふ山の中の鍛冶屋は第一、音から違ふ」
[2] 〘接助〙 活用語の終止形を受け、原因・結果を順接の関係において接続する。近世以後の用法。
※浄瑠璃・袂の白しぼり(1710頃)上「案ずる事はちっともない、外には人も知らぬから。一先(ひとまづ)内へ去(い)なしゃんせ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「私は茶が嫌(きらひ)だから、これをたべます」
[補注]語源に関して、(イ) 「理由」または「間」という意の体言(山田孝雄、松尾捨治郎)、(ロ) ある事物に少しも積極的な力を加えない、という概念をもつ形式体言(石垣謙二)、(ハ) ウカラ、ハラカラ等「血族」を意味する体言が、山カラ、川カラ等「事物の性質」を表わすに至り、更に抽象化して「自然のつながり」「自然のなりゆき」の意となり、そこから経由地・出発点・理由を示す助詞が出た(大野晉「日本語の黎明」)など言われる。→語素「から(柄)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

から」の用語解説はコトバンクが提供しています。

からの関連情報

他サービスで検索

「から」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.