Rakuten infoseek

辞書

かぶりもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

かぶりもの
被り物,冠り物とも書く。頭にかぶったり,頭をおおったりするものの総称。日本在来のものには,手拭頭巾,覆面,はちまきイグサやわらなどの帽子などがあり,他方,西洋には各種の子を中心として,冠,フードベール,コイフ,スカーフなどがある。こうしたかぶりものの役割は3つに大別される。 (1) 頭部の大半をおおって寒暑,危害などから頭を保護する。 (2) 礼容を整え,身分や階級を象徴する一方,儀礼性を高める。 (3) 最も目立つ部分として装身全般の印象を強く作用する。そのためアクセサリーのなかでも最も変化の多い部分になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かぶりもの」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かぶりものの関連情報

他サービスで検索

「かぶりもの」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.