Rakuten infoseek

辞書

かなよみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

かなよみ
1875年創刊の小 (こ) 新聞。初め『仮名読新聞』の名で仮名垣魯文が横浜で創刊。 77年東京に移って改題。魯文の小説 (たとえば 1879年の『毒婦お伝のはなし』) や花柳界の裏話などが売物だった。 80年廃刊。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

かなよみ
明治時代の小新聞のひとつ。仮名垣魯文が1875年に横浜で創刊した「仮名読新聞」が1977年東京に進出、同年5月から改題したもの。久保田彦作による実録風連載小説「鳥追お松の伝」の掲載紙として知られる。1880年廃刊。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かなよみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かなよみの関連情報

関連キーワード

フランス共和国憲法国民議会チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ジェームズポピュリスト党トンガ貿易銀ロダンワッパ一揆シャンボン

他サービスで検索

「かなよみ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.