Rakuten infoseek

辞書

かす【カス】

デジタル大辞泉

か・す
[接尾]《動詞五(四)段型活用》動詞の未然形に付いて動詞をつくり、そのようにさせるという意を表す。「散ら―・す」「冷や―・す」
「なほ思ひの罪逃(の)がら―・し給へ」〈宇津保・蔵開上〉
「然らばこれ構へて見顕は―・さばや」〈今昔・二七・三五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か・す
〘接尾〙 (五(四)段型活用) 他動的な意味を強調するのに用いる。四段活用動詞未然形に付く場合が多いが、二段活用の動詞の語尾をア段に変えた形などに付く場合もある。
※蜻蛉(974頃)上「脛(はぎ)を布のはししてひきめぐらかしたる者ども」
※源氏(1001‐14頃)関屋「車など、かたへはおくらかし」
[語誌](1)用例は平安初期から見られるが、俗語的、口語的な語であったらしい。カ行四段活用動詞の未然形+「す」、他動的・使役的な形との類推によって使われるようになったともいわれる。院政・鎌倉・室町期などの文献には用例が多く、現代でも俗語的な感じで用いられ、諸方言にも多く残る。
(2)「散らかす」と「散らす」、「冷やかす」と「冷やす」などのように、対応するはずの語どうしで意味が異なるものもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.