Rakuten infoseek

辞書

かしらん【カシラン】

デジタル大辞泉

かしらん[終助・副助]
《係助詞「か」に動詞「し(知)る」の未然形と打消しの助動詞「ず」の連体形の付いた「かしらぬ」の音変化》
[終助]かしら」に同じ。「何が言いたいのかしらん
「あれでもすむ事―」〈滑・浮世床・初〉
[副助]かしら」に同じ。
「毎日商(あきね)へから帰りにはの、何―竹の皮へ買って来ての」〈滑・浮世風呂・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かしらん
か知らぬの転。近世江戸語以降の語
副助
意味・用法は「かしら
」に同じ。 あの人はどこ-へ行ってしまいました 毎日商あきねえから帰りにはの、何-竹の皮へ買つて来ての/滑稽本・浮世風呂 2
終助
意味・用法は「かしら
」に同じ。 どこへ行ったの- バスにしよう- あれでもすむこと-/滑稽本・浮世床 江戸語では男女ともに話し言葉として用いたが、現代語では主として女性に用いられる。また、現代語ではかしらの形が一般に用いられるかしら副助・終助

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐しら‐ん
〘連語〙 (「かしらぬ」の変化した語)
① 文末に付いて、終助詞的に用い、疑いや問いかけの気持を表わす。…だろうか。かしら。
※歌舞伎・傾城金秤目(1792)一番目「梶助めや峯平めは〈略〉女が首を野ざらしにかけたか知らん」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「さうして清が面白がる様なものはないかしらん、と考へて見ると」
② (「何」「どこ」「だれ」などに付いて)不定のものをいう場合に用いる。かしら。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「毎日商から帰りにはの、何かしらん竹の皮へ買て来ての」
[語誌](1)「かしらぬ」のうち「知らぬ」の語義が希薄になり江戸時代前期に疑問の意味を表わすようになった。相手に直接質問するのではなく、自分が知らないということを表わすことに中心があり、相手が答えられないことを聞いたり、話し手限りの発話で、疑いだけを表わしたりすることができた。
(2)明治時代に入ってから語形は「かしらん」、さらに「かしら」へと移行し、現代に至った。現代ではどちらかといえば女性らしい言い回しとなっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かしらん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

かしらんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.