Rakuten infoseek

辞書

お百【おひゃく】

精選版 日本国語大辞典

お‐ひゃく【お百】
〘名〙
① 一〇〇文ぐらいしか買物のできない、けちな女房のことを人名化していう語。→百檀那
雑俳・川柳評万句合‐安永九(1780)宮三「にるやうに切てくんなとお百いひ」
② 一〇〇両を持参金として持って来た嫁のことを人名化していう語。
※雑俳・川柳評万句合‐安永八(1779)満二「お百あんまりわがままをいふななり」
③ (その揚代が一〇〇文であったところから) 江戸吉原の河岸見世女郎のことを人名化していう語。
※雑俳・柳多留‐五一(1811)「お百さんお盛んだねと戸口へもたれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お百」の用語解説はコトバンクが提供しています。

お百の関連情報

他サービスで検索

「お百」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.