Rakuten infoseek

辞書

お染【おそめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

お染
おそめ
清元節による舞踊劇の曲名。本名題『道行浮塒鴎 (みちゆきうきねのともどり) 』。文政8 (1825) 年初演。勝井源八作詞,清元斎兵衛作曲。お染久松情話の脚色。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おそめ【お染】
歌舞伎舞踊清元。本名題「道行浮塒鴎(みちゆきうきねのともどり)」。4世鶴屋南北作詞、初世清元斎兵衛作曲。文政8年(1825)江戸中村座初演。心中しようと隅田川の堤へ来かかったお染と久松に、猿回しが意見する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おそめ【お染】
歌舞伎舞踊。清元。本名題《道行浮塒鷗(みちゆきうきねのともどり)》。作詞4世鶴屋南北。作曲清元斎兵衛。振付4世西川扇蔵。1825年(文政8)11月江戸中村座初演。お染を岩井紫若(7世半四郎),久松を岩井粂三郎(6世半四郎),猿回しを7世市川団十郎。顔見世狂言《鬼若根元台(おにわかこんげんぶたい)》の一幕で,お染・久松の情話を題材にした舞踊・音楽の代表曲。二人の道行があってお染のクドキ,猿回しの意見など,見どころが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おそめ【お染】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おそめ【お染】
歌舞伎舞踊。清元。本名題「道行浮塒鷗みちゆきうきねのともどり」。四世鶴屋つるや南北作詞。1825年江戸中村座初演。お染久松の舞台を江戸にうつしかえたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お染」の用語解説はコトバンクが提供しています。

お染の関連情報

他サービスで検索

「お染」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.