Rakuten infoseek

辞書

おらが春【おらがはる】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

おらが春
おらがはる
江戸時代後期の俳句俳文集。小林一茶著。1冊。一茶遺稿真跡を透き写しにして,没後 25年にあたる嘉永5 (1852) 年に刊行。挿絵も一茶筆。『おらが春』という書名は著者の命名ではなく,巻頭の一文中にある発句「めでたさも中くらゐなりおらが春」により刊行者が名づけたもの。文政2 (19) 年一茶 57歳の元旦から歳末にいたる1年間の感想,見聞と,おりおりの発句を書き連ねたもので,一茶の代表的著作。文もよく句も精選され,一茶自身も公刊の意志があったらしい。一茶晩年の身辺の事情や,信仰的安住に到達した心境などもうかがわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おらがはる【おらが春】
江戸後期の俳諧俳文集。1冊。小林一茶著。文政2年(1819)成立。一茶死後25年たった嘉永5年(1852)刊。一茶57歳の年の元旦から歳末までの見聞・感想などを、長女の死を中心に発句を交えて記したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おらがはる【おらが春】
俳文発句集。一茶の遺稿。没後25年の1852年(嘉永5),信州の白井一之が,山岸梅塵家伝来の真跡を譲られて逸淵序と四山人・西馬の跋を添え,模刻刊行。初版は〈信陽有明菴蔵梓〉とあり,一之の私家版である。のち江戸の書肆に移って版を重ね,広く流布した。一茶57歳の1819年(文政2)の元旦から歳末に至る随想におりおりの句を交える。〈目出度さもちう位也おらが春〉に始まり,巻末を〈ともかくもあなた任せのとしの暮〉と結び,首尾呼応して家庭的に不幸な,蹉跌(さてつ)の末に到達した“あなた任せ”の人生観を表白した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おらがはる【おらが春】
俳文俳句集。一巻一冊。小林一茶作。1852年刊。1819年一茶五七歳の元旦から同年12月29日までの、一年間の感想・見聞・発句などを収めた一茶晩年の代表作。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

おらが春
おらがはる
小林一茶(いっさ)の代表的な句文集(くぶんしゅう)。一茶死後25年たって、弟子の白井一之(いっし)が上梓(じょうし)。1819年(文政2)、一茶57歳の1年間の随想、見聞、句作だが、ちくりと皮肉を仕込んだ見聞にも、この年、長女さとを痘瘡(とうそう)で死なせて、その悲嘆の情をありていにつづった文章にも、一茶の円熟が感じられる。そして、重なる子供の死(3年前に長男死亡)を通じての、浄土真宗門徒一茶の如来(にょらい)信仰の成熟が目をひく。一之がこの題を選んだ句文集最初の句「目出度(めでた)さもちう位也(くらいなり)おらが春」を、集末尾の句「ともかくもあなた任(まか)せのとしの暮(くれ)」と照応させつつ、「自力他力」の「小(こ)むつかしき子細(しさい)」を超えた、「あなた任せ」の境地を一茶は熱っぽく述べている。[金子兜太]
『『一茶全集6』(1976・信濃毎日新聞社) ▽勝峯晋風著『評釈おらが春』(1941・十字屋書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おらが春」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おらが春の関連情報

他サービスで検索

「おらが春」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.