Rakuten infoseek

辞書

おじゃれ【オジャレ】

デジタル大辞泉

おじゃれ〔おぢやれ〕
《動詞「おじゃる」の命令形から。客を「おじゃれ」といって呼び込んだところから》江戸時代、宿場宿屋客引き売春をした女中。おしゃらく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

おじゃれ
東京都、八丈島の八丈町庁舎内にある多目的ホール。2013年オープン。客席数約460。名称方言で「おいでください」を意味する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おじゃれ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おじゃれ
おじゃれと呼びかけて客を引いたところから
旅籠屋はたごやの下女。売春もした。出女でおんな。おしゃらく。 -の身には何がなる/浄瑠璃・丹波与作

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おじゃれ おぢゃれ
[1] 〘感動〙 いらっしゃいの意。出女などが客を引き込む時の呼び声。
※浮世草子・新竹斎(1687)四「いつみた事もなひ人のおじゃれおじゃれに気がうひて」
[2] 江戸時代、東海道筋の宿屋にいて、客引きや売春をした女中。多く遠江・三河地方でいう。飯盛り女。出女(でおんな)。おしゃらく。おじゃれおなご。おじゃれおじゃれ。
※浮世草子・好色床談義(1689)四「扨東海道は〈略〉宿々恋をあきなはぬ所なし。其女を出女とも又は、おじゃれともいへり」
※歌舞伎・染竹春駒(1814)大詰「それから又同じ宿(しゅく)に、おじゃれして居て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おじゃれ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おじゃれの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.