Rakuten infoseek

辞書

おおすみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

おおすみ
Ohsumi
東京大学宇宙航空研究所が打上げた日本最初の人工衛星ソ連,アメリカ,フランスに次いで,自力で軌道に乗せた。 1970年2月 11日鹿児島宇宙空間観測所からラムダ 4S型5号機で打上げられ,遠地点 5151km,近地点 337kmの長円軌道に乗った。周期は 144.5分で,衛星からの電波は 16時間ほど続いた。その重さは第4段球形ロケットの燃え殻を含めて 23.8kg。科学観測器具はなく,送信機加速度計温度計だけを積んでいた。国際的には,1970-11Aと名づけられた。 70年に入ってから 11番目の衛星という意味である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

おおすみ
海上自衛隊の輸送艦。基準排水量8900トンの大型艦で「おおすみ型輸送艦」3隻のうちの1番艦。艦内後部には2隻の輸送用エアクッション艇(ホーバークラフト)を格納。大きな船体に船首から船尾まで平らな全通甲板を持ち、ヘリコプターの発着が容易で、高い揚陸能力を備える。
艦名は鹿児島県の大半島に由来。かつて米海軍から貸与された揚陸艦にも同じ名前がつけられていたことがある(1974年に除籍)。95年12月に起工、96年11月に進水、98年3月に就役した。母港は広島県の呉基地。これまでの戦車揚陸艦型輸送艦が基準排水量2000トン程度に過ぎなかったのに比べ、はるかに大型で優れた輸送・揚陸能力を備える。兵員装備輸送で約330人、人員だけならば約千人が収容でき、優れた医療機能も備えている。
99年のトルコ北西部地震被害では仮設住宅の輸送に携わり、2004年にはイラク復興支援法に基づき同国に軽装甲機動車や給水車を輸送した。11年3月に発生した東日本大震災では救援物資を仙台港に輸送。13年11月フィリピンを襲った台風30号に際しては、援助活動を「サンカイ(現地語で友達の意)作戦」と命名、被害が甚大だったレイテ島で物資輸送や医療行為を行った。
14年1月15日、広島県大竹市阿多田島沖で釣り船「とびうお」と衝突した。「おおすみ」は衝突前に汽笛を数回鳴らしたが直後に衝突。とびうおは転覆し乗っていた4人が海に投げ出された。うち2人はおおすみの乗員によって救助されたが、船長と釣り客の2人が死亡。第6管区海上保安本部が実況見分を始め、とびうおの船体の右舷に衝突の痕跡を確認。おおすみの左舷中央部にも傷があり、とびうおのものと思われる塗料が付着していた。これにより、両船が側面衝突したものとみられている。事故原因などについては、海上保安庁で海難事故として業務上過失往来危険及び業務上過失致死罪の疑いで調査中。海上自衛隊も独自に事故調査委員会を設けて分析を進めている(14年2月13日時点)。
(金谷俊秀 ライター / 2014年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

おおすみ
海上自衛隊が3隻配備している輸送艦「おおすみ型」の1番艦で、1998年3月に就役。海自呉基地に所属している。建造費は約500億円。全長は178メートル、乗員約135人で、基準排水量8900トン。ヘリコプターの発着甲板を備えており、大型ホーバークラフト2隻や戦車10両を搭載できる。東日本大震災や昨年の台風30号で被災したフィリピンで、物資輸送など救援活動も担った。
(2014-01-15 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

おおすみ

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

おおすみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おおすみの関連情報

他サービスで検索

「おおすみ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.