Rakuten infoseek

辞書

おい【オイ】

デジタル大辞泉

おい
[感]
呼びかけたり、注意を促したりするときに発する語。主に男性が同輩・目下に対して用いる。「おい、待たないか」
呼びかけられて軽く答えるときの語。「おい、合点、承知の助」
やや驚いたときに発する語。おや。おお。
「―、この君にこそ」〈・一三七〉
思いついたときなどに発する語。おお。
「―、さりさりとうなづきて」〈玉鬘

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おい
( 代 )
一人称。男が同輩や目下の者に用いる。おれ。 「 -とすつぱり切れてくれろ/洒落本・其あんか」 〔現代でも主に西日本の一部で用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おい
( 感 )
男性が親しい間柄や目下の人に呼びかけるときに用いる語。 「 -、どこへ行くんだ」
相手の呼びかけに応ずるときに用いる語。はい。 「 -といらへて/読本・弓張月
納得したり思い当たったりしたときに用いる語。おお。 「 -、さり。-、さりとうなづきて/源氏 玉鬘

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おい
〘代名〙 自称。同輩や目下に用いる。おれ。
洒落本・其あんか(1786)其二階「おいとすっぱり切れてくれろ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おい
〘感動〙
① なにかを思いついた時などに発することば。→おいや
※枕(10C終)一三七「御簾(みす)をもたげてそよろとさし入るる、呉竹なり『おい、この君にこそ』といひわたる」
② 注意をうながす時に発することば。
※今昔(1120頃か)二八「此事聞き持(たも)てや、をゐ」
③ 承諾の意を表わすことば。
※歌舞伎・傾情吾嬬鑑(1788)序幕「あの権八が立退けばよいが、〈略〉、おいと言って落ちはせまい」
④ 相手、特に同輩、目下などに呼び掛ける時のことば。
滑稽本・八笑人(1820‐49)四「ヲイ眼公、マアみんなを呼ばっし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おい」の用語解説はコトバンクが提供しています。

おいの関連情報

他サービスで検索

「おい」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.