Rakuten infoseek

辞書

【エ】

デジタル大辞泉

え[五十音]
五十音図ア行の第4音。五母音の一。前舌の半閉母音。[e]
平仮名「え」は「衣」の草体から。片仮名「エ」は「江」の旁(つくり)。
[補説]五十音図ヤ行の第4音としても重出。ただし、平安初期までは、ア行のエにあたるもの(発音[e])とヤ行のエにあたるもの(発音[je])とには発音上の区別があった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え[感]
[感]
驚きを感じたときに発する語。えっ。「、すごいじゃないか」
相手の言うことが理解できなかったり疑問を感じたりして、問い返すときに発する語。えっ。「、なんですか」
承諾や肯定を表すときに発する語。ええ。「、そうです」
感動や苦痛を表すときに発する語。ああ。
「―、苦しゑ」〈天智紀・歌謡〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え[終助]
[終助]《上代語》文の終わりに付く。嘆息の心持ちを表す。…なあ。…よ。
「上野(かみつけの)佐野の茎立(くくたち)折りはやし我(あれ)は待たむ―今年来ずとも」〈・三四〇六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え[間助]
[間助]呼びかけの語または文末に付く。

㋐親しみを込めて問いかける意を表す。
「これからはどうしていくつもりだ―」〈二葉亭浮雲
「敵(かたき)は誰でござんす―」〈浄・盛衰記
㋑親しみを込めて呼びかける意を表す。
「御新造さま―」〈人・娘節用・後〉
㋒軽い感動を表す。
「あれあれ、お姫様の見てござるぞ―」〈伎・万歳丸〉
呼びかけの意を表す。上代東国方言で、一例のみ。「よ」の転じたものか。
「父母(とちはは)―斎(いは)ひて待たね筑紫(つくし)なる水漬(みづ)く白玉取りて来までに」〈・四三四〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え[助詞]
[助][助詞]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

え[接頭]
[接頭]名詞に付いて、愛すべき、いとしい、の意を表す。
「あなにやし―をとめを」〈・上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図ア行第四段の仮名。五十音図ヤ行第四段の仮名としても重出。前舌の半狭母音。
平仮名「え」は「衣」の草体、片仮名「エ」は「江」の旁つくり。 〔平安時代初期までは、ア行のエとヤ行のエとは発音上に区別があり、仮名もそれぞれ別のものが用いられた〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 感 )
驚いたり疑問に思ったりした時に発する語。えっ。 「 -、今日は休みか」 「 -、ほんとかい」
肯定や承諾の気持ちを表す語。ええ。 「 -、そうです」
喜び・悲しみなどを深く感じて発する語。ああ。 「鮎こそは島傍しまへも良き-苦しゑ/日本書紀 天智

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 格助 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 終助 )
〔上代語〕
文の末尾に添えて、感動の心持ちを表す。 「山の端にあぢ群むら騒ぎ行くなれどわれはさぶし-君にしあらねば/万葉集 486

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 間投助 )
〔近世以降の語。前期上方語では町娘や遊女などが用いたが、後期江戸語では男性にも用いられた。現在では老・中年層の女性の間に残っているだけで一般にはあまり用いられない〕
文末に用いられる。
質問・反問の意を強める。多く「かえ」「だえ」の形をとる。 「どうしたんだ-。元気がないよ」 「ご苦労だけどそうしておくれか-」 「おやなぜです-。なぜ親友の交際が出来ません-/浮雲 四迷
念を押したり、語気を強めたりする気持ちを添える。 「むむ、いいわ-。こいつは一ち番しめるだろう/滑稽本・八笑人」
文中の名詞・感動詞に付いて、呼びかけを強める。 「もし-、藤とうさん、よしてもおくんなはいよ/人情本・梅児誉美

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 間投助 )
〔上代東国方言〕
体言に付いて、呼びかけを表す。 「父母とちはは-斎いわひて待たね筑紫なる水漬く白玉取りて来までに/万葉集 4340

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第1行第4段の仮名。平仮名の「え」は「衣」の草体から、片仮名の「エ」は「江」の旁(つくり)からできたものである。平安初期まで、ア行の「え」とヤ行の「え」/je/とが区別されていたので、万葉仮名では、ア行に「衣、依、愛、哀(以上音仮名)、榎、荏(以上訓仮名)」、ヤ行に「延、叡、曳、要(以上音仮名)、兄、江、枝、吉(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(盈)」「(要)」「(江)」「(得)」などがある。音韻的には5母音の一つ/e/にあたる。東京語では、国際音声記号の[e]よりはやや口の開きが大きく[ε]に近寄る。「おねえさん」などのように、わずかながらエ段長音の引き音節部分を表す。
 古くワ行の「ゑ」「ヱ」は別音で、/we/を表した仮名であり、「ゑ」は「恵」の草体から、「ヱ」も「恵」の草体の終画かといわれる。万葉仮名では「恵、慧、衛、廻(以上音仮名)、画、咲(以上訓仮名)」などが使われ、ほかに草仮名としては「(衛)」「(慧)」などがある。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

えの関連情報

他サービスで検索

「え」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.