Rakuten infoseek

辞書

うれ【ウレ】

デジタル大辞泉

うれ
[代]《「おれ」の音変化か》二人称の人代名詞。相手を軽くみて、またはののしって呼ぶ語。おのれ。うぬ。
「おのれは日本一の剛の者に組んでうずな、―」〈平家・七〉
[補説]呼びかける場面に現れることが多いため、感動詞とみることもできる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うれ
( 代 )
二人称。対等もしくはそれ以下の者に対して呼びかけて、感動詞的に用いられる。 「おのれは日本一の剛こうの者にぐんでうずな、-/平家 7」 → おれ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うれ
〘代名〙 対称。おまえ。身分の低いものに呼びかけて感動詞的に用いる。
※平家(13C前)九「熊谷次郎、子息の小次郎を呼うでいひけるは『〈略〉いざうれ、〈略〉一の谷の真先かけう』」
[語誌](1)「おのれ」→「おれ」→「うれ」と転じて成立したものか。「おれ」は古代から例があるが、「うれ」は中世の例があるのみである。「おのれ」は反射指示代名詞であったが、「おれ」は自称と対称とに使われ、「うれ」は対称としてだけ用いられる。
(2)「おれ」も「うれ」も省略形であるため、相手をやや軽くみて呼びかける使い方が生じ、「おのれ」や「おれ」と併用されたところから、対称の意が薄れて、感動詞的に使われるようになったものと思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うれ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うれの関連情報

他サービスで検索

「うれ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.