Rakuten infoseek

辞書

うっとり【ウットリ】

デジタル大辞泉

うっとり
[副](スル)
美しいものなどに心を奪われて、ぼうっとしているさま。また、気抜けしたさま。「音楽にうっとりと聞きほれる」「うっとり(と)したまなざし」
「好い加減に頭が疲れて、皆―した心持になって黙って了う」〈風葉青春
気を失うさま。
「迷倦(めくらみ)を覚え、―として路傍に昏睡し」〈青木輔清訳・万国奇談〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うっとり
スル
快さに浸ってわれを忘れるさま。恍惚こうこつとするさま。 -(と)音楽にききほれる -(と)した表情
茫然ぼうぜんとするさま。 別れのつらさに-と、気抜けのごとく/浄瑠璃・寿の門松
気を失うさま。朦朧もうろう -として路傍に昏睡し/万国奇談 輔清

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うっとり
〘名〙 金工の技法の一つ。素地の彫刻絵模様に、金、銀などを薄くはめこむこと。金着(きんきせ)の一種で古くから行なわれ、江戸以前のものに多く見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うっとり
[1] 〘副〙 (「と」を伴う場合が多い)
① 心を奪われ、ぼうっとしているさまにいう。
(イ) あっけにとられているさま。また、気抜けしたさま。ぼんやりとして気の付かないさま。呆然。
※天理本狂言・千鳥(室町末‐近世初)「米は今まいらうが、爰にうっとりとして、いらるる物かと云」
(ロ) 美しいもの、快いものなどに心を奪われているさま。恍惚(こうこつ)
※俳諧・鷹筑波(1638)三「こぬをまつ我ぞうっとり郭公〈正親〉」
※洒落本・青楼夜世界闇明月(1789‐1801)数有間勤傾契「このうたに聞きとれ、ふたりうっとりとしてゐるところへ」
② 意識を失うさまにいう。朦朧(もうろう)
※歌舞伎・貞操花鳥羽恋塚(1809)五立「夜の殿が穴とも知らず、尾籠な事を致した麁相(そさう)、それからウットリとなって、その跡はとんと覚えませぬ」
[2] 〘名〙 ぼんやり者。まぬけ。うっとり者。
※咄本・醒睡笑(1628)一「『例のうっとりぞ。焼塩ばかりにてよし』とて膳をすゑけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うっとり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うっとりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.