Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

うた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

うた
音声による芸術的表現の一つ。,哥,謌,,諷,唱,詠,などさまざまな漢字をあてる。その語源にも諸説あり,手拍子を「打つ」ことに由来するとする説や,情感を「うったふ」または「うれたふ」から出たとする説などがあり,その動詞形の「うたふ」との先後関係も明らかではない。古代においては,実際に声を出して歌われるものに「歌」もしくはその異体字をあてたが,中国の詩賦をまねて文芸本位の読む「和歌」が成立して,その区別に混乱が生じた。中国では,楽器に合せるものを「歌」,無伴奏のものを「謡」または「謳」とし,また,斉唱の歌を「謳」などと区別したこともあったが,日本ではすべて同義として「うた」の語にあてた。中世には,実際に歌われるものは,特に「謳歌」と字を重ねて区別したこともある。中国で用いられていた「歌謡」の語は,明治以降に国文学者などによって「謳歌」に代えて使われるようになった。音声表現のうちで音楽性の強いものを「うた」として,音楽性の弱い「コトバ」との対概念として用いることもあるが,芸術的な音声表現のうちで特に音節の引延ばしが多く,そこに旋律性が加えられたものを「うた」とし,あまり音節は引き延ばさず,時価の問題は別として,言語の韻律を拍に対応させようとする朗誦性の強い「語り」に対する概念として用いることもある。中世の猿楽能において,その声楽に「謡」「諷」などの字をあてて「うたひ」と称したのは特殊な用法であるが,音楽用語としては,器楽に対する声楽を特に「うたもの」または「うたいもの」と称して,「歌物」「謡物」などとあてることもある。近世の江戸においては,「唄」の字をあてて,文芸上の「歌」や語り物の浄瑠璃などの声曲に対して,歌曲性を強調する場合に用いる傾向も生じたが,関西においては「歌」の字をあてたままでそうした性格を強調した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うた

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

うた
〘名〙 砂浜を表わす地形名。高知県の宇多松原、新潟県の歌、香川県の歌の津など、地名になったものも多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うた
〘語素〙 異常なものに対する感動の意を表わす。はなはだしの意。→うただのしうたたうたて

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うたの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.