Rakuten infoseek

辞書

うず【ウズ】

デジタル大辞泉

うず[助動]
[助動][○|○|うず(うずる)|うずる(うず)|うずれ|○]《推量の助動詞「むず」の音変化》動詞・助動詞の未然形に付く。
話し手の推量を表す。…だろう。
「ただいま客人(まらうど)の来うずるぞ」〈平家・一〉
話し手の意志・決意を表す。…しようとする。…しよう。
「自然わたくしの負けたらば弟子にならうず」〈虎明狂・膏薬煉
相手に対する勧誘または婉曲的な命令を表す。…しよう。…してほしい。
「掃除などことごとくせうず。また聟殿のござったらば、こなたへ申せ」〈虎明狂・鶏聟
当然・適当の意を表す。…のはずだ。…のがよい。
「項羽をこそ上将軍とせられうずるに、次将とせられた」〈史記抄・項羽本紀〉
(連体形の用法として)未来のことや仮説について婉曲の心持ちを表す。…のような。→
「我コノ難儀ヲ遁レサセラレウズルコトヲ教ヘマラセウズ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
[補説]「うず」は中世の話し言葉として発達し、一時は書き言葉にも用いられたが、江戸時代になってからは、「う」と同様の意味を有するためにしだいに姿を消した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うず
( 助動 ) ( ○ ・うず ・うず(うずる) ・うず(うずる) ・うずれ ・○ )
〔推量の助動詞「むず」の転。中世後期以降の語〕
動詞・助動詞の未然形に付く。
意志・決意を表す。…しよう。 「そちの宗体しゆうていが有難くば弟子にならうず/狂言・宗論」
話し手の推量や想像を表す。…だろう。 「悪イ者ニ遠ザカラズンバ、必ズソノ名モ、ソノ徳モ亡ベウズ/天草本伊曽保」
相手に対する勧誘や婉曲えんきよくな命令を表す。 「いそひでまいらせられうずる/狂言・鈍根草」
当然・適当の意を表す。…のはずだ。…して当然だ。…のがよい。 「公方事をこそ本にせうずるに食を思うはあさましいぞ/毛詩抄 1
(連体形を用いて)未来のこと、仮想されることを婉曲に述べる。 「我コノ難義ヲ遁レサセラレウズル事ヲ教エマラショウズ/天草本伊曽保」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うず」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うずの関連情報

他サービスで検索

「うず」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.