Rakuten infoseek

辞書

うごうご【ウゴウゴ】

デジタル大辞泉

うご‐うご
[副]
うごめくさま。特に、得意になって鼻をうごめかすさま。
「鼻の先うぞやき、―として笑ひどよめき」〈仮・浮世物語・一〉
元気がなく、うじうじしたさま。
「おどせば則ちおどされて、―とまた脇道へゐざりのく」〈浄・用明天王

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うご‐うご
〘副〙 (「と」を伴う場合が多い)
① (虫や物などが)絶えず少しずつ動くさま。うごめくさま。うざうざ。
咄本・百物語(1659)下「うごうごと川よりはいあがり」
② 活気なく、ぐずぐずしているさま。うじうじ。
※浮世草子・西鶴置土産(1693)二「あたら身躰(しんだい)をつぶし、若盛りにあてがひ世帯(ぜたい)、うごうごと生きて居て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うごうご」の用語解説はコトバンクが提供しています。

うごうごの関連情報

他サービスで検索

「うごうご」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.