Rakuten infoseek

辞書

【イ】

デジタル大辞泉

い[五十音]
五十音図ア行の第2音。五母音の一。前舌の閉母音。[i]
平仮名「い」は「以」の草体から。片仮名「イ」は「伊」の偏。
いろは歌の第1文字。仮名がしら。
[補説]五十音図ヤ行の第2音としても重出。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い[終助・間助・副助]
[終助]文末の助動詞「た」「だ」、禁止の意の終助詞「な」、質問の意の「か」、動詞の命令形などに付く。
親しみを込めて質問する意を表す。「何を悩んでいるんだ」「君も行くか
軽蔑したり、反発したり、詰問したりする意を表す。「何度言ったら分かるんだ」「なんだ、君らしくもない」
投げやりな気持ちやあきらめの意を表す。「勝手にしろ」「どうせ負けるに決まっているんだ
念を押したり、語調を強めたりする意を表す。「じゃまをするな」「とっとと寝ろ」「絶対に海に行くんだ」→いのかいわい
[間助]体言、活用語の連体形に付く。上接の語を特に示したり、語調を強めたりする。
「青柳(あをやぎ)の糸の細(くは)しさ春風に乱れぬ―間に見せむ児(こ)もがも」〈・一八五一〉
[副助]名詞、名詞に準じる語に付く。上接の語を特に示したり、語調を強めたりする。
「一日(ひとひ)だに君―しなくは堪(あ)へかたきかも」〈・五三七〉
[補説]は終助詞「よ」あるいは係助詞「や」の音変化という。多く男性がくだけた会話の中で用いる。は上代語。平安時代では漢文訓読体の文中にみられるだけである。をまとめて、間投助詞とする説や格助詞とする説などもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

い[接頭]
[接頭]動詞に付いて、意味を強めたり、語調を整えたりする。「漕(こ)ぐ」「隠る」「行く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図ア行第二段の仮名。五十音図ヤ行第二段の仮名としても重出。前舌の狭母音。
平仮名「い」は「以」の草体。片仮名「イ」は「伊」の偏。
「いろは歌」の第一文字。仮名がしら。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔上代語。平安時代には、限られた経典の訓読にのみ用いられ、院政時代以降は消滅した〕
( 格助 )
名詞・または名詞的な語に付く。主格を強めて示す。「いは」「いし」などの形が多い。 「紀伊の関守-留とどめてむかも/万葉集 545
( 終助 )
と同系の語。活用語の連体形よりなる文節に付く。語勢を強める。ね。よ。 「玉の緒の絶えじ-妹いもと/万葉集 481

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 終助 )
〔終助詞「や」の転。近世以降の語。主として男性に用いられる〕
文の末尾に接続する。
念を押したり、語気を強めたりする気持ちを添える。多く「だい」「わい」「ない」の形をとる。 「これ、ぼくのだ-」 「いっぱい食わされたわ-」 「むちゃをするな-」 「早くしろ-」
質問や反問の意を強める。多く「かい」「だい」の形をとる。 「何か食べるものはないか-」 「なんだ-。またこれか」 「ほんとに君にできるか-」
軽蔑や投げやりの気持ちをこめて、言い返す場合に用いる。 「なに言ってるんだ-」 「勝手にしろ-」 「ぼくにそんなことができるか-」
(多く「いの」の形で)名詞に付き、呼びかけの気持ちを表す。 「かか様-の、かか様-のと夜なか時分に泣いて/歌舞伎・傾城江戸桜」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接頭 )
動詞に付いて語調を整えたり、意味を強めたりするのに用いられる。 「 -行く」 「 -隠る」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接尾 )
名詞または名詞的な語に付いて、形容詞を作る。 「四角-」 「黄色-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第1行第2段の仮名。平仮名の「い」は「以」の草体から、片仮名の「イ」は「伊」の偏からできたものである。万葉仮名では「伊、以、異、夷、已(以上音仮名)、射(訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(伊)」「(移)」「(意)」などがある。音韻的には5母音(ぼいん)の一つ/i/核にあたり、前舌狭母音である。イ段長音の引き音節部分を表し(「おにいさん」「おじいさん」)、また「クィーン」「パーティー」「フィルム」などのように、外国語を表記する際に小文字で添えられもする。
 古くワ行の「ゐ」「ヰ」はこれと別音で、/wi/を表した仮名であり、「ゐ」は「為」の草体から、「ヰ」は「井」の字形変化したものである。万葉仮名では「韋、位、偉、為、委(以上音仮名)、井、猪、居(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(委)」「(遺)」などがある。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘名〙 「あい(藍)」の略。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘名〙 (普通、片仮名で「イ」と表わす)
[一] (書誌学で「異本」「一本」の略) 書物を校合(きょうごう)して異本の字句を傍注する時に用いる符号。
[二] 三等級制時代の鉄道の一等客車の記号。
[三] 日本音名の一。ハ長調音階の第六音。イタリア、フランス音名のラ、ドイツ・イギリス音名のA(アー・エー)。国際的標準音で時報にも使われる。
[四] 能楽で節あつかいの一つ。その音にニュアンスをこめてうたう時に用いる。「ヽイ」と符号がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘感動〙 発語の類か。やい。おい。
※今昔(1120頃か)二四「い、其奴(やっこ)求めて来らむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[1] 〘副助〙 上代の助詞。ただし、訓点資料では平安初期にも広く用いられ、その後は、法相、律、三論等の宗派の仏典訓読にかたよって現われる。体言または活用語の連体形を受け、特示強調する。→いはいし
① 体言を受ける。主格に立つ体言を受けることが最も多いが、他の格に立つ体言を受ける場合もある。
※古事記(712)中・歌謡「頭椎(くぶつつ)(イ) 石椎(いしつつ)(イ)もち 今撃たば良らし」
※万葉(8C後)四・五四五「わが背子が跡ふみ求め追ひ行かば紀伊(き)の関守(イ)留めてむかも」
② 活用語の連体形を受ける。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)五「菩薩の行を行ずるが、菩提の心を退けなむと欲する、如意宝光耀菩薩の是の法を説くを聞く時に、皆堅固に不可思議なること得つるをもちて、上の願満足しぬ」
③ 格助詞を受ける。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)六「国土を護る諸の旧の善神と遠離して去らむ時には」
[2] 〘間助〙 上代の助詞。連体形とその被修飾体言との間に用いられて強調を表わし、または調子を整える。接頭語とする説もある。
※万葉(8C後)三・四八一「玉の緒の 絶えじ(い)妹と 結びてし」
[3] 〘終助〙 (語源は終助詞「よ」とも、あるいは係助詞「や」の変化した「え」とも)
① 中世以後の助詞。文末にあって念を押す気持を添え、あるいは語調を整える。
(イ) 命令文に用いられたもの。動詞の命令形・連用形に続く形の他、禁止文で用いられる。「びくびくするな
※歌舞伎・傾城浅間嶽(1698)中「たわけめが、片手で取れの」
(ロ) 命令文以外で用いられるもの。語調を整える働きをする。他の終助詞とともに用いられる場合(「かい」「ぞい」「いの(う)」「いな(あ)」等)が多い。「何言ってるんだ」「いったいどうしたんだ
※虎明本狂言・薩摩守(室町末‐近世初)「道しゃがあまたあるひや
※歌舞伎・傾城浅間嶽(1698)中「はて阿呆を相手にして何をいやるぞの」
② 呼びかけに用いる。近世語。
※歌舞伎・傾城江戸桜(1698)上「かか様のと夜中時分に泣いて歩いたれば」
※浄瑠璃・難波丸金鶏(1759)深草砂川「コレとと様のふ、とと様とゆすれど甲斐も亡骸を」
[語誌]((一)について) (1)①の「古事記歌謡」の例を接尾語とする説がある。
(2)①②③の用法について、(イ)主格を示す助詞であるとする説(山田孝雄「奈良朝文法史」他)、(ロ)すべて間投助詞であるとするもの(松尾捨治郎「国語法論攷」、此島正年「国語助詞の研究」他)、(ハ)副助詞とするもの(小林芳規「謂はゆる主格助詞『い』は副助詞と考ふべきである」国語第二巻二・三・四合併号)等種々の説がある。しかし、(イ)の主格助詞説は、主格以外の格に立つ体言を受ける例や、格助詞を受ける例(③)の存在によって成立しない。また、間投助詞は文節の最後、したがって他種の助詞と重ね用いられる時は必ず下に位するものであるのに、「い」助詞には「いは」「いし」のごとく、係助詞や副助詞に上接する例があるため、(ロ)の間投助詞説も成立しない。ただし、「い」に、(一)の用法とは別に間投助詞用法(二)が存することを否定するものではない。((三)について) 口調を柔らげる働きを持つものであり、主として男性によって、砕けた調子で用いられることが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接頭〙 動詞に付いて語調を整える。「い隠る」「い通ふ」「い寄る」「い渡る」など。
※書紀(720)神代下・歌謡「天離(さか)る 鄙つ女の 以(イ)渡らす迫門(せと) 石川片淵」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接尾〙 名詞または名詞的な語に付いて、これを形容詞化する。「四角い」「黄色い」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(助動詞命令形) (四段動詞の未然形に付いて) 軽い敬意をもった命令を表わす。
※漢書列伝綿景抄(1467頃)「人にかさず、こちへとってをかいと云心ぞ」
※説経節・さんせう太夫(与七郎正本)(1640頃)中「まづてらをたづねてに、しゅっけをばたのまひよ」
[語誌](1)四段動詞の未然形に付き、一、二段動詞に付く「さい」と補い合う関係にある。
(2)「ロドリゲス日本大文典」では「上げさしめ」などより敬意のやや加わった言い方で、親が子に、また家の下男下女などに対して用いると説明している。室町時代にはかなり広く使われていたものと推測されるが、江戸時代の初めには衰退し、狂言では歌謡や一部の老人のことばにのみ用いられている。→さい

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いの関連情報

他サービスで検索

「い」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.