Rakuten infoseek

辞書

いろは歌【いろはうた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

いろは歌
いろはうた
47字のかなをすべて1度ずつ用いてつくられた七五調の歌,「いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす」をさす。最後に「」か「ん」を加えることもある。習字の手習詞 (てならいことば) として用いられたが,字母表として辞書の配列順 (いろは順) に広く用いられるようになった。いろは歌の最古の文献は『金光明最勝王経音義 (こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ) 』 (1079) であり,いろは順の辞書の代表は『色葉字類抄 (いろはじるいしょう) 』である。同じく手習詞として用いられたあめつちが 48文字で「…え・の・え・を…」と「え」が2度出て,ア行のエ[e]とヤ行のエ[je]の区別を示しているのに対し,いろは歌が 47文字であることは,上の2種の音韻的対立が失われた 10世紀中頃以後の作であることを示しているというのが通説。ただし,いろは歌もその前のたゐにの歌も,ともに 48文字が原形ではなかったかとみる説が出ている。いろは歌の制作意図についても諸説がある。俗に作者を空海とするのは誤り。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

いろは歌
10世紀後半~11世紀ごろにできたと考えられ、ひらがな手習いとして普及した。最古の文献は、経典の読み方を解説した「金光明最勝王経音義(こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ)」(1079年)の万葉仮名(漢字)のもの。ひらがなで最古は、三重県明和町の斎宮(さいくう)跡(国史跡)で見つかった11世紀末~12世紀前半の墨書土器で、9文字が書かれていた。
(2013-06-28 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

いろはうた【いろは歌】
〈いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす〉という七五調四句の歌。手習いのはじめに異なったかなを覚えるため,当時の異なった音節にあたるかなをすべて集め,意味ある歌としたもの(ただし,清音濁音は一つに合併してある)。歌の意味は〈色は匂へど散りぬるを,我が世たれぞ常ならむ,有為の奥山今日越えて浅き夢見じ,酔ひもせず〉で,《涅槃経》の四句の偈(げ)〈諸行無常,是生滅法,生滅滅已,寂滅為楽〉の意をとったものという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

いろは歌
いろはうた
すべてのかなを、同じかなを繰り返さずに読み込んだ、七五調の今様(いまよう)の形式をとった47字の歌。通常は各仮名を、清音で1字1字別々に読むが、歌の意味にそって漢字をあて、濁点をつけると、次のようになる。
 色(いろ)は匂(にほ)へど 散(ち)りぬるを
 我世誰(わがよたれ)ぞ常(つね)ならむ
 有為(うゐ)の奥山(おくやま)
 今日(けふ)(こ)えて
 浅(あさ)き夢見(ゆめみ)じ 酔(ゑ)ひもせず
 中世以後、最後に「京」の字を添えることがしばしばあるが、その起源は明らかでない。「いろは歌」の製作年代は、ア行のエとヤ行のヱを区別していない点、歌の形式などから平安時代中期以降と考えられ、その点で弘法(こうぼう)大師の作という古来からの説は否定されるべきである。現存する「いろは歌」のなかで最古のものは承歴本(しょうれきほん)『金光明最勝王経音義(こんこうみょうさいしょうおうきょうおんぎ)』(1079写)に記載された万葉仮名によるものである。これを含め、古い時代の「いろは歌」は、みな辞書や仏教関係の書物に記されたものばかりであり、この点から、僧侶(そうりょ)によって音韻の学問的研究を目的としてつくられたものと考えるのが、近時の研究動向である。のちには、おもに手習い用の手本として用いられるようになるが、それは当初の製作目的ではなかったと考えられる。近代まで、辞書の語彙(ごい)の配列の順序などに利用され、その影響は大きかったが、ほかに「歴史的仮名づかい」における仮名の使い分けの根拠として用いられ、その面での影響は現在も続いているといえる。なお、「いろは歌」に先行する同類のものとして「たゐにの歌」や、ア行のエとヤ行のヱを区別して48字ある「あめつち」が知られている。[近藤泰弘]
『大矢透著『音図及手習詞歌考』(1918・大日本図書/復刻版・1969・勉誠社) ▽小松英雄著『いろはうた』(中公新書) ▽高橋愛次著『伊呂波歌考』(1974・三省堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

いろは歌
いろはうた
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明和2.1(京・嵐座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いろは歌
(通称)
いろはうた
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
いろは歌誉桜花
初演
文化3.1(大坂・中村歌六座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いろは歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いろは歌の関連情報

他サービスで検索

「いろは歌」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.