Rakuten infoseek

辞書

いや【イヤ】

デジタル大辞泉

いや
[感]
驚いたり感嘆したりしたときに発する語。やあ。「いや、これはすごいね」
人に呼びかけるときや言い始めるときに発する語。
「―申し、ちと申し上げたい事がござる」〈虎寛狂・附子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いや
( 感 )
驚いたり感動したりしたときに発する語。いやあ。 「 -、驚きました」 「 -、実にすばらしい」
呼びかけやものを言い始めるときなどに発する語。 「 -、申し申し、其様に叱らせらるるな/狂言・鬮罪人 虎寛本
[句項目] いやもう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いや
〘感動〙
① 驚いた時や、嘆息した時に発することば
※浜松中納(11C中)二「行くさきをはるかに契る心あるにかけなはなれそ箱崎の松と出で給ふに『いや、ためこその人』と、怨(うら)めしげにうち誦(ずん)じつつ御ともにまゐる」
② 気がついて思い出した時などに発することば。
※今昔(1120頃か)二五「貞道、其時にぞ思ひ出て、いや、然る事有」
③ 人に呼びかける時に発することば。
※虎寛本狂言・宗論(室町末‐近世初)「『イヤ申(まうし)申』『何事でおりゃる』」
④ はやしたてる時の掛け声。
※虎寛本狂言・靫猿(室町末‐近世初)「つつと出て月を見よ。まだ見よまだ見よ。イヤ、しばし曇りて又さゆる、又さゆる」
⑤ 恥ずかしい時、てれくさい時などに発することば。
※牛肉と馬鈴薯(1901)〈国木田独歩〉「イヤ岡本君が見えたから急に行(や)りにくくなったハハハハ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いや」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いやの関連情報

他サービスで検索

「いや」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.