Rakuten infoseek

辞書

いちご煮【いちごに】

日本の郷土料理がわかる辞典

いちごに【いちご煮】

青森、岩手の郷土料理で汁物の一種。うにあわび薄切りを湯あるいはだし汁で煮、塩と少量のしょうゆで調味し吸い物に仕上げたもの。三陸海岸の漁師がとりたてのうにとあわびを貝殻に詰めて焚火で焼いたのがはじまりとされる。◇煮えたうにのオレンジ色が野いちごを思わせることから。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いちご‐に【いちご煮】
ウニ卵巣赤みが、野イチゴの果実のように見えるところから》ウニと、アワビまたはツブ貝を用いた吸い物。塩で調味し、仕上げに青ジソ千切りをのせる。青森県八戸近辺の郷土料理。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いちご煮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いちご煮の関連情報

他サービスで検索

「いちご煮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.