Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

いせ【イセ】

デジタル大辞泉

いせ
《動詞「いせる」の連用形から》裁縫技法の一。洋服の袖山、たびのつま先などを縫うとき、長短2枚の布の長い方を縮めて丸みやふくらみを出すこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

いせ
日本の自衛隊護衛艦。ひゅうが型護衛艦の2番艦。ヘリコプター搭載護衛艦。2008年起工。2009年進水。2011年3月就役。定係港は

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いせ【hanging ratio】
網漁具を構成する際,網地をにとりつけるときにたるませる割合縮結(しゆつけつ)ともいう。網地の長さは網目を完全に引きのばした状態で測るので,網地を同じ長さの綱につけたのでは網の目が開かない。網地の長さ(N)から綱の長さ(R)を引いて,綱の長さで割ったもの(NR)/Rを外割(そとわり),網地の長さで割ったもの(NR)/Nを内割(うちわり)という。東北・北海道地方では外割を用いるが,一般には内割を用いる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いせ
〘名〙 (下一段動詞「いせる」の連用形の名詞化)
① 着物などを縫い合わせる時、長短二枚の長い方をちぢめて縫うこと。ぬいしめ。
※家庭袋物細工全書(1915)〈中村興湖・村井秋翠〉「勢ひ其長い方を縮ませて合せて縫ふ様になります。斯くの如き縮ませを縮(イ)せを取ると申します」
② 漁網を作る場合に、綱に対して網地をたるませてつけること。いさり。よせ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いせ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いせの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.