Rakuten infoseek

辞書

いずみや【いずみや】

日本の郷土料理がわかる辞典

いずみや

愛媛の郷土料理で、米の代わりにおからを用いたすし。このしろ・あじ・いわし・さばなどを三枚におろして甘酢に漬け、これを甘酢で調味してしょうが・麻の実などを混ぜ、俵形ににぎったおからにのせたもの。江戸時代中期、大阪から新居浜別子銅山の開発に来た住友家が伝えたとされる。◇住友家の屋号泉屋」に由来する。南予地方では「丸ずし」「ほうかんむり」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

いずみや
愛媛県新居浜市を中心とする東予地方の郷土料理。甘酢に漬け込んだ小魚の背に、から炒りしたおから・ショウガ・麻の実などを詰めたもの。別子銅山を開発した大阪の住友家が伝えたため、屋号の「泉屋」で呼ばれるようになったとされる。南予地方では「丸ずし」という。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずみや」の用語解説はコトバンクが提供しています。

いずみやの関連情報

他サービスで検索

「いずみや」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.